長岡勤労者山岳会へようこそ!

私たち長岡勤労者山岳会は、新潟の長岡市に本拠地を置き、「安く、楽しく、安全な」をモットーに、ハイキング・縦走・雪山など幅広く山を楽しんでいる登山サークルです。アウトドア活動が好きな方なら、初心者でも、ご入会を歓迎いたします。

一切経山(1948.8m)

個人山行


TB(0) | CO(0) *Edit 

(山行日)2017年6月17日(土)
(メンバー)会員2名 他1人
(コースタイム)
長岡 4:40―――(磐越道)―――浄土平P 8:00
浄土平P 8:30――酸ガ平避難小屋9:45――山頂10:30~11:00――酸ガ平避難小屋11:30――鎌沼湖畔(昼食11:40~12:00)――姥ヶ原12:25――浄土平P 13:30――――長岡 20:30

降水確率0の日を選んで出かけましたが・・・。
浄土平は登山者がわんさといました。ビジターセンターは工事中でした。噴煙もわずかに昇っています。(標高1500mで非常に涼しい)
湿原の木道から歩き始めました。所々にイワカガミが地面をピンクに染めています。
登りになると、石がゴロゴロしていて歩きづらいが、ようやく芽吹きの始まった木々を見ながらゆっくりと歩きます。まだ残雪も所々にあります。
ほぼ中間点の酸ガ平避難小屋には公衆トイレもあります。ここから緩やかなガレ場登りで、よそ見もできないが、立ち止まって眺める景色は気分爽快です。ガレ道は頂上まで続きます。
山頂は、平坦で360度見渡せますが、あいにくのガス。降水確率0でも、気圧配置(冷たい気圧)の影響でガスがかかってしまいました。ところが一転ガスが切れ、その晴れ間に西吾妻の峰々が開け、眼下には「吾妻の瞳」と言われる五色沼が現れました。その鮮やかな眺望、幸運に恵まれた感がしました。
しばし眺めて、酸ガ平避難小屋までいったん下り、ここから木道の続く鎌沼に向かいます。湖畔で昼食。笹原の湿原に木道が伸びています。咲き始めのチングルマや、笹原の下でひっそりと咲くミツバオーレンやツマトリソウ。まだつぼみの多いミネザクラや色鮮やかなムラサキヤシオツツジ、充分目を楽しませてくれます。
姥ヶ原からは下ります。急坂には木製の階段があります。所々に、これから咲くマイヅルソウ。道端から林の奥までずっと一面に広がる、その緑に染められたジュウタンに感嘆の声が上がります。転倒しては大変ですから超ゆっくり歩行です。
満足した気分で人の多い浄土平に到着しました。

所々に残雪がある
山頂を目指して緩やかなガレ場を登る
山頂から西吾妻の峰々を眺める
「吾妻の瞳」と言われる五色沼
鎌沼のほとりをのんびりと歩く
スポンサーサイト

▲PageTop

 Comment List

米山(993m)

個人山行


TB(0) | CO(0) *Edit 


(山行日)2017年6月17日(土)
(メンバー)会員1名 他4人
(コースタイム)
 下牧登山口(9:49)→水野コース分岐(10:19/10:25)→三十三観音(10:28)→水野林道コース分岐(11:19)→女しらば(11:25)→米山山頂(11:53/13:00)→水野林道コース分岐(13:35/13:38)→下牧登山口(14:54)

・下牧登山口には広々とした駐車場があり、更衣スペース、トイレ、足洗い場を備えた無料休憩施設がある。(約3年前に完成とまだ新しい)
・出発の準備をしていると、大型バスがやってきた。石川からのツアー客で、ここまでバスでやってくるとは驚きであった。
・下牧登山口から水野林道コースまでは初めてであったが、道は整備されているが、一部滑れやすい箇所もあり、一回転んでしまった。
・天気は良いはずであったが、上越方面のみ視界があり、他はガスで展望がなかった。(夕方になるにつれ展望が良くなっていった)
・山頂は老若男女で賑わっていた。子供連れの団体は柿崎からコースが多かった。

下牧ベース
下牧ベース

上越方面 雲で展望いまいち
上越方面 雲で展望いまいち

▲PageTop

 Comment List

第46期(2017年度 活動計画)

年間計画


TB(0) | CO(0) *Edit 

46期活動計画

▲PageTop

 Comment List

2017募集山行のお知らせ

お知らせ


TB(0) | CO(0) *Edit 

2017募集山行 乗鞍岳
北アルプス南端に聳える乗鞍岳。3,000m級ながら短い時間で登れる山です。
剣ヶ峰からは富士山、八ヶ岳、南・中央・北アルプス、御嶽山、白山と大パノラマです。
初心者の方、一人で登るのが不安な方、北アルプスが好きな方、山岳会のメンバーと一緒に登りませんか?
登山のベテランがサポートいたします。

【開催日】2017年7月22日(土)・23日(日)
【参加費】21,000円 1泊2日(2食付)
【集合時刻】7月22日㈯ 12時45分
【集合場所】長岡駅東口・第四銀行前
【解散予定】7月23日㈰ 20時(長岡駅東口)
【締め切り】7/4㈫まで(先着40名)
【連絡先】高坂 広 携帯090-5516-2706まで


乗鞍募集登山

▲PageTop

 Comment List

観鋸台清掃登山

会山行


TB(0) | CO(0) *Edit 

(山行日)2017年6月4日(日)
(メンバー)会員19名 一般14名
(コースタイム)
7:00~7:15打ち合わせ 7:15~7:25Pゴミ拾いー出発7:30-8:45友遊小屋8:55―9:20観鋸台9:30-10:40展望台(前木製の展望台があったところ)10:50-11:20 P11:25=11:30悠久山でトン汁昼食12:15解散

天気が良くなり予定通り無事終える
 朝雨が降り止んだが、寒い。空は黒い雲が出て、また降りそうだった。予報は良くなりそうだが、雨の心配もありコースを変更する。駐車場より歩いて赤道コースー三ノ峠山ー観鋸台ピストンとしました。子供たちもいて、無理なことはできないと考える。(一般の方の雨具、靴がしっかりしていないと疑ってよい。私たちの用具とは差があると思う)
 打ち合わせ後駐車場のごみを拾い出発(ゴミは日頃管理されているところなのでほとんどない)
ポニー広場前をとおりキャンプ場へ、いずれもトイレがあり便利ここより登山道赤道コースをめざして行く。みんな良く整備されている。赤道コース手前の展望台、昨年トン汁を食べたところ木製の展望台は撤去されて、きれいになっていた。また立派なベンチもあったが無かった。ベンチは残してほしかった。座って長岡方面を見れました。老朽化してないのに残念。
 赤道コースの友遊小屋へのつづら折辺りに咲いていた「フタリシズカ」米粒のような白い花、花穂は1本や2.・3本もつけているのもありました。(登っているとき「ヒトリシズカ」の声もありました。)ネットで調べてみると白いブラシ状の花が1本とあり、花穂の形が違うことを帰宅後知った。文字は二字ちがいだが、花ははっきりと違いがわかる。
 全員順調に小屋まで登る。トイレ休憩、利用させてもらいました。ありがたいです。(友遊小屋の方にはお願いしておきました)短い急登を登り三ノ峠山へ、ここからカタクリのいっぱい咲いていた跡の登山道、カタクリの種が薄緑になり、落ちそうになっていた。
 最終目標の観鋸台に全員無事到着、鋸山をバックに記念写真を撮りました。新しく大きなベンチが作られて、休憩に便利になりました。(友遊会の方が作ってくださいました)
 帰り、急な下りで、列が乱れることもありましたが、先頭に連絡して待ってもらい全員がいっしょに無事下山することができました。天気は良くなり朝の心配はどこへやらでした。
 下山後移動して悠久山の東屋で、おいしいトン汁をいただき解散しました。(トン汁担当の方、材料の準備してくださった方たいへんありがとうございました。)

 ☆ ゴミは駐車場付近に少々でした。ほとんど有りませんでした。

観鋸台より鋸山
観鋸台より鋸山
新緑の登山道(キャンプ場前)
新緑の登山道(キャンプ場前)


 

▲PageTop

 Comment List

Menu

お問い合わせ

下記のフォームから,お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

随時、会員募集中です! (会の紹介をご覧下さい)

四季の花時計