長岡勤労者山岳会へようこそ!

私たち長岡勤労者山岳会は、新潟の長岡市に本拠地を置き、「安く、楽しく、安全な」をモットーに、ハイキング・縦走・雪山など幅広く山を楽しんでいる登山サークルです。アウトドア活動が好きな方なら、初心者でも、ご入会を歓迎いたします。

天を衝く岩峰…空木岳

個人山行


TB(0) | CO(0) *Edit 

(山行日)2017年7月26日~28日
(メンバー)会員1名 他2名
(コースタイム)
7/26 長岡6:39=13:33駒ケ根14:00=しらび平=15:07千畳敷(ホテル千畳敷泊)
7/27 千畳敷6:40…7:10極楽平7:25…9:40檜尾岳9:58・・・11:35熊沢岳12:00・・・13:35東川岳13:40…13:55木曽殿山荘14:10…15:45空木岳16:05…16:10駒峰ヒュッテ(泊)
7/28 駒峰ヒュッテ5:15…6:10空木平分岐…8:00マセナギ8:14…10:00林道地蔵下10:30=10:45菅の台こまくさの湯12:20=12:40駒ヶ根 12:46=19:51長岡

 前線の南下と台風の接近で、天気が心配ではあったが、予定通り出発。ときおり日が差す天候だったが、しらび平に向かう途中で、とうとう雨になった。
 集団登山で宝剣山荘は満杯とのことで、ホテル千畳敷に泊まる。入浴してさっそく乾杯。外は相変わらずの雨。明日はどうなるやら・・・。
 一晩中屋根を打つ雨音が気になっていたが、朝は霧雨模様。稜線はガス。下界は厚い雲海。さてどうするか。下山して諏訪付近の山に登ることを一時考えたが、さほどの荒天にならないだろうと出発する。小雨の中、極楽平に向かう。雨に濡れた花々が美しい。極楽平では風が少し出てくる。宝剣から来た数人に出合う。宿はガラガラだったとか。集団登山がキャンセルになったのか。
雨風がときおり強く、またガスの中で展望もなく、さっぱりファイトがわかないが、足元の花々に勇気をもらって、黙々と歩く。檜尾岳から熊沢岳の間は何か所かロッククライミングを強いられ、その緊張感がアクセントにもなる。熊沢岳の休憩中にガスが薄くなり、日差しを感じるようになる。熊沢岳から東川岳の間も岩峰を縫って歩く。東川岳、晴れていれば目の前に空木のピラミダルな山容が見えるのだが、残念ながら、ガスの中。木曽殿乗越へ急降下。よくまあこんな所にと思われる、南北に急斜面のわずかな鞍部に小屋が立っている。眼の前に空木への急登がある。
一休み後、ゆっくり急登を登る。途中で日が差し、青空が見えてくる。雨具を脱ぐ。とにかく急登の連続、岩稜の連続。登るに大変だが、変化があっておもしろい。第一のピークに立つと、青空にくっきりと空木の岩峰が浮き上がる。登高意欲がそそられ、思わず声が出る。花崗岩の岩稜帯だが、燕岳の緩やかさとは大いに違って、ぐんぐん登る。15:45空木山頂。木曽駒はガスのなかだが、歩いてきた稜線、南駒への稜線、そして駒ケ根市街もはっきりと見える大展望に心が躍る。缶ビールで乾杯。駒峰ヒュッテのベランダで空木山頂を眺めながら、宴を張る。実に心地よい。この小屋は最高だ。
最終日、5:15出発。山頂部はガスに隠れている。しかし、八が岳や南アルプスの稜線、駒ケ根市街がよく見える。駒石など大きな岩塊のある、広々した稜線を気持ちよく下る。空木平分岐からは森林、大地獄、小地獄といった難所を慎重に下り、林道地蔵下に10:00着。タクシーを呼び、こまくさの湯。汗を流し、生ビールで喉を潤す。達成感充分の山行であった。

第一ピーク付近からの空木岳1
第一ピーク付近からの空木岳2
第一ピーク付近からの空木岳


下山時の池山付近の風景
下山時の池山付近の風景です。このぶら下がっている寄生植物、何と言いましたかね?
通称、死神。
スポンサーサイト

▲PageTop

 Comment List

乗鞍岳(3026m)

会山行


TB(0) | CO(0) *Edit 

(山行日)2017年7月22日(土)~23日(日)
(メンバー)会員15名 他17名
(コースタイム)
*7/22 長岡駅東口12:55=13:15長岡ICP=16:30松本IC=平湯IC=18:00平湯プリンスホテル(泊)
*7/23 平湯プリンスホテル7:30-8:30畳平8:55-9:35肩の小屋9:55-10:55頂上小屋11:00-11:10乗鞍岳11:15-11:20頂上小屋-12:05肩の小屋12:30-13:20畳平13:30=14:20平湯プリンスホテル(入浴)15:15=平湯バスターミナル15:30=平湯IC=16:45松本IC=19:55長岡ICP=20:20長岡駅東口

 32人を乗せたバスは長岡を定刻に出発し、ほぼ1時間毎に休憩を取りながら平湯を目指す。バスの中では山の歌を歌い、飲んでいる人も。平湯のホテルには30分遅れの18時に到着。早速温泉に入り、19時から21時まで夕食となった。カラオケあり、ダンスも飛び出し大いに盛り上がった。
 翌日、雨は降っていないが山の上はガスっている。ホテルで雨具を着てバスに乗り込む。いろは坂の様な所をバスは登り続けるが、登るにつれ視界は狭まり20m位で運転が怖いのではと思うほど。畳平に到着も周囲は何も見えず。肩の小屋までは車の通れる幅広い道を歩く。道路脇には雪渓が見え、富士見岳の斜面にはコマクサが続いていた。40分ほどで肩の小屋に到着。ここで待っていることもできるので、頂上まで行くか否か聞いたところ、全員が登るとのこと。皆元気いっぱい。小屋からは岩のごろつく登山道となり、1時間で頂上小屋に到着。体調悪い人が1名でたので、付添い1名と共にここで待つことに。他は山頂に向かう。山頂は直ぐだった。写真だけ撮って(雨ガスの中なので写りが悪い)直ぐ下山する。
 頂上小屋からは全員揃って下山。下りで、靴底が剥がれた、膝が痛くなった、ストックが少し縮んだ、などちょっとしたことがあったが、雨の中を歩き続け畳平に下った。途中からお花畑のある方を経由したが、立ち止まると寒さを感じるので、じっくり花を観察していることも出来なかった。“クマに注意”の看板が何ヶ所かに。岩山にクマか?と思ったが、何年か前に畳平バスターミナルでクマが大暴れし、多くの人が重軽傷を負った出来事があり、クマの生息地であることを思い出した。
バスの中は暖かかった。バスの中を暖めておいてもらえる様、直前に連絡が入っていた様だ。ホテルに戻り、熱めの温泉に入ってホッとする。その後、ホテル近くの平湯バスターミナルで買い物をしてから長岡に向かった。
 雨風に遭い、登っただけという乗鞍岳になった。初めて乗鞍岳に登るという人が多かっただけに少し残念だったが、救いは花の時季に重なったこと。コマクサに始まり、コイワカガミ、イワツメグサ、アオノツガザクラ、ハクサンイチゲとキバナシャクナゲの群生など。帰りのバスの中で配布された“乗鞍で見られる高山植物”の中で、10種類ほどの花は見ることができた。
晴れた日にもう一度登ってみたいと思った乗鞍岳登山でした。
風に揺れるコマクサ
風に揺れるコマクサ

視界利かない山頂小屋前
視界利かない山頂小屋前

ハクサンイチゲの群落
ハクサンイチゲの群落

▲PageTop

 Comment List

ヤマユリの一家

個人山行


TB(0) | CO(0) *Edit 

7月26日、久々の青空。一つ気になることがあって、三ノ峠に出かけてきました。
山頂から100mほどブナ平の方に下った登山道に、ヤマユリのまとまった株があります。昨年は11本まとまってありました。私は一人「ヤマユリの一家」と勝手に名付け、12人家族だと勝手に思い込んでいます。どうしてこうなったのか、知る由もなし。
今年はどうなるかなと知人に話すと「もうそろそろ限界、寿命だと思うよ」と言います。「ええっ、そんな・・・」。果たしてどうかなと思い、春から見続けました。4本の新芽、次は7本、そしてやがて12本の芽を確認し、やったー!と思い、成長を見てきました。花が咲くと数えにくいと思い、つぼみの時に75個のつぼみを数えました。7月21日には大きなつぼみになり、あと2~3日かなと期待しましたが、雨続きで行きませんでした。
そして、26日行きました。満開でした。中年の夫妻、旦那はシャッターをパチパチ、奥さんはにこにこして「いつ、こうなるか楽しみにしていたの。こんなに素晴らしいものをみてとっても嬉しい」と。私もちょうどいい時に来たと大満足でした。実は雨続きだったから倒れ掛かっているかもと思い、ビニール紐を用意て行ったのですが、要らぬお節介はしない方がいいと思い、ただ見ているだけにしました。
今、ヤマユリの香りがぷんぷん漂っているところがあります。「ふれあい農園」の登り口には、15個のつぼみを付けたヤマユリもあります。ヤマユリは芽が出て5年ほどで花が咲くそうです。15個の花を咲かせるには何年たったのでしょうか。みなさんもよかったら、出かけてみてください。
ヤマユリの一家

▲PageTop

 Comment List

白木峰(1596m)

個人山行


TB(0) | CO(0) *Edit 

(山行日)2017年7月18日(火)~19日(水)
(メンバー)会員1人 他1名
(コースタイム)
18日(火) 7:00自宅発――――18:40道の駅「新湊」(泊)
19日(水) 5:00「新湊」発――7:15登山口発――8:05白木峰山頂――8:40浮島――(散策)――9:35白木峰山荘(林道をゆっくり下山)10:45登山口着――――21:10自宅着

 富山県八尾にある白木峰は、田部井淳子のお薦めの山です。花の季節は人気があり、車があふれるとのこと。朝早めに登ろうと思い、行動しました。長い林道を進むとゲートがあり、その手前にトイレと30台ほど止められる駐車場があります。すでに車が5台ありました。
 登りはいきなり大きな階段の急坂の登山道。木の根やロープに手をかけて登り、周囲に眼をやる余裕もなく、汗が流れます。途中、2回林道を横切ります。標高差300mほどを登り切って頂上部に出ると、まずヘリポートがあり、ここまで林道がきていました。
前方に眼をやると、草原が広がります。少し歩くと白木峰山頂です。360度の眺望です。風景指示板があります。やや霞んでいますが、加賀白山、乗鞍、穂高、笠ヶ岳、薬師岳、立山を確かめることができました。
 緩やかな起伏の続く緑の草原に木道が伸びています。白や黄色の草原もあります。気分爽快。ニッコウキスゲやササユリ、サワラン、イワイチョウなどを楽しみながら、浮島のある池塘まで30分ほどかけて歩きました。12種の花をメモしました。山頂まで戻って、白木峰山荘を通って下山します。
下山は林道を歩くことにしました。道のりは長いですが、オオカサモチやクガイソウ、ササユリなどをゆっくり楽しみました。林道を登る人もいますし、下る人もいます。登山道よりも林道の方が歩きやすいから、こちらもいいなと思いました。周りにはガスがかかり始めました。駐車場は満車で、路上駐車がずっと続いていました。(数十台)
 朝早いことが幸いして、眺望もよくきれいな高原の草原を楽しむことができました。下山したら山頂方面はガスで見えなくなりました。
(林道を下った「21世紀の森」にある「大長谷温泉」で入浴。460円)

360度の眺望抜群の白木峰山頂
360度の眺望抜群の白木峰山頂

木道が広い草原に伸びている
木道が広い草原に伸びている

2個の浮島がのんびり浮かんでいる
2個の浮島がのんびり浮かんでいる


▲PageTop

 Comment List

火打山

個人山行


TB(0) | CO(0) *Edit 

(山行日)2017年6月24日(土)
(メンバー)会員1人 他1人

朝3時長岡自宅を出発、もう一人は急用のため同僚と二人となった。5:00少し前に駐車場に到着する。途中の笹ヶ峰の道は山菜(根曲がり竹)取りの車で一杯であった。5:00ちょうどにゲートをくぐり出発である。新緑ですがすがしい。黒沢の橋を渡り、十二曲がりの急坂を登るともう残雪である。今年の山は積雪が深かったようである。8:10ヒュッテ到着、高谷池はまだ雪で埋まっている。雪で埋まった池の中を横断して雷鳥坂へ向かう。山頂が見えるが、頂上以外はまだ雪で覆われている(写真)。
頂上以外はまだ雪で覆われている

キックステップで雪をけり登る。アイゼンは無くても大丈夫である。9:50山頂到着、少し雲が出ているが視界は良好である。西側の焼山から噴煙が上がっているのが良く見える。下山途中、雷鳥坂付近で雷鳥1匹に出会う(写真)。
雷鳥坂付近で雷鳥1匹に出会う

少しモヤ掛かってきたので出て来たのだろうか。ヒュッテ経由で来た道を戻る。14:10登山口到着、約9時間の長い山行であった。乙見湖の駐車場で根曲がり汁を頂く。おじさんに熊は大丈夫ですかと聞いたら、熊には(山菜取りで)負けられないと返答にびっくり。苗名の湯で汗を流して帰宅する。

▲PageTop

 Comment List

Menu

お問い合わせ

下記のフォームから,お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

随時、会員募集中です! (会の紹介をご覧下さい)

四季の花時計