長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

ヒメサユリはつぼみが多い

 
 ←これでもかと続く鎖場 →ヒメサユリは殆どつぼみ状態
〔山  名〕 守門岳(1537m)
〔山行月日〕 2012年6月25日(月)
〔メンバー〕 鳥羽、高坂(記)
〔コース・タイム〕 保久礼登山口7:10→9:20大岳9:30→9:55中津又岳10:00→10:20大岳10:30→11:40青雲岳→12:00守門岳12:05→12:22青雲岳13:00→14:00大岳14:10→16:20登山口

7月の会山行に行かれないので、梅雨の晴れ間を見て行ってきました。新発田より来られた方が保久礼小屋前で休んでおられた(この方と頂上で会い、先週粟ヶ岳に登られてヒメサユリが一杯咲いていたとのことでした)。山スキーの時はブナの大きな木があるだけ。3m前後の小さな木が隠れると思うと、雪の多さを考え真冬を思い出す。キビタキ清水までほとんど丸太(鉄にビニールを被せたも)の階段で道は良く保護されている。登山口からずっと急登が続き不動平あたりで少し緩やかになり大岳へ。
頂上はガスっていて守門岳さえ見えない。まだ残雪が急斜面に残る。中津又岳ヘヒメサユリを見に行くがつぼみが多い。日当たりの良い所は見事。この間は下草刈がされていない。ヒメサユリの保護のためだと思う。露があると雨具を着ないと大変だが今回は無かった。大岳に戻り守門岳へ。春の花も見られる。ヒメサユリも吊り尾根付近に見られたがつぼみが多い。早く咲いている花もあり、まあ満足。青雲岳もガスっていた。守門岳は大勢にぎわっていた。焼肉のいい匂いがして長く居られない。青雲岳にザックを置いてきたので、直ぐに戻り昼食。涼しい風があり、下からガスが上がってくるが、丁度良い気温。同じコースを引き返す。

吊り尾根付近に咲くヒメサユリ
吊り尾根付近に咲くヒメサユリ
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[3]   

~ Comment ~

ヒメサユリ 

守門岳や浅草岳の花の見ごろは、花によって違うと思いますが、ヒメサユリは毎年、7月10日頃が一番いいようです。もちろん、その年の雪や気温によって違いますけど・・・。今年は雪が多いでしたからどうでしょうか・・・。

ひめさゆり探索隊ですね 

こんな時期になってもヒメサユリを見ることができるなんてさすがに山なのですね。めったに見ることのできない花なので山の花だということすら忘れていました。
8日に山行の予定です。
とても楽しみです。

NoTitle 

8日に山行予定です。現在は,天候回復を祈願するのみです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【これでもかと続く鎖場】へ
  • 【ヒメサユリは殆どつぼみ状態】へ