長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

伝説と信仰の山を訪ねる

 
 ←8月会山行の案内 1  穂高連峰の展望台へ →8月会山行の案内 2  志賀高原の山へ

〔山  名〕 虫倉山(1378m)
〔山行月日〕 2012年7月15日(日)
〔メンバー〕 鳥羽、川上榮、片桐(記)
〔コース・タイム〕 不動滝(登山口)10:25→11:10金倉坂→11:50休憩小屋→12:10虫倉山13:10→金倉坂→14:20不動滝(登山口)

・虫倉山(長野百名山)は、長野市で「西山」と呼ばれる丘陵地の1山で、古くからの伝説と信仰の山です。
・カーナビで最短のコースを選んだら戸隠・飯綱から行くことになり、正に日本の山村の原風景を思わせる、山の中腹を切り開いた集落を延々と走りました。眺めは良く、郷愁を味わいながら地元の人しか通らない狭い道を、尋ねながら4時間かけてやっと登山口に辿り着きました。
・入り口のバス停に「虫倉山登山者ふれあい館」があり、トイレやロッカーもありました。
・林道をしばらく行った登山口には10数台の駐車可能な広場、トイレ、水道もありました。
・登山道は草刈され、整備も良く、とても歩きやすいでした。
・不動滝を見て、はじめの杉林を過ぎると、ナラやカエデ・ブナの大木の中をずっと歩き、癒される思いで登りました。立派な東屋の休憩小屋まで来ると、そこからは尾根歩きでした。
・山頂は展望が良く360°見渡せるが、あいにくの天気で遠くの山並みは雲に覆われていました。
・若者や家族連れの登山者、10数人に出会いました。
・帰路は古民家の宿「やきもち家」で入浴(500円)し、国道、高速を利用しました。
・登った虫倉山もさることながら、山に辿り着くまでのドキドキ感が印象に残る山行でした。
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[1]   

~ Comment ~

この夏は青空がしばらく拝めない? 

夏になったのに,いつまでもすっきりとした青空を見ることもなく過ごす毎日ですが,せっかくの素晴らしい環境の中の山行だったのに山並みを観望できずに残念でしたね。
それにしてもほかの人たちも多かったというのは人気の山なのでしょうね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【8月会山行の案内 1  穂高連峰の展望台へ】へ
  • 【8月会山行の案内 2  志賀高原の山へ】へ