長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

槍穂連峰の展望に大満足

 
 ←10月会山行の案内   日本三大急登の一つを登る →11月会山行の案内   晩秋の北八ッへ
〔山  名〕焼岳(2444m)
〔山行月日〕2012年9月22日(土)~23日(日)
〔メンバー〕川上、丸山、山田(記)
〔コース・タイム〕 *9/22 長岡ICP 6:05⇒8:30松本IC⇒9:30沢渡9:50⇒10:10新中ノ湯登山口10:15→14:00焼岳14:35→15:45焼岳小屋(泊)
*9/23 焼岳小屋7:40→9:40田代橋10:10→10:30上高地10:40⇒11:05沢渡11:15⇒11:45竜島温泉13:30⇒13:55松本IC⇒16:50長岡ICP

(9/22) 沢渡からタクシーで新中ノ湯登山口に向かう。10数台駐車可能な登山口だが、溢れた車がかなり手前の道路脇から止めてあった。ここから登る新中ノ湯ルートは焼岳に登る中では最短ルートで、長岡からでも充分日帰り可能である。なお、もう一つの中ノ湯ルートは土砂崩れにより昨年から通行止めとなっているとのこと。
 樹林帯の中のジグザグ道を過ぎると比較的平坦な道となった。やがて視界が開け、中ノ湯ルートとの出合に着く。ここから見上げる二つの大きな岩山、左が南峰で右が北峰と思いきや、北峰は両岩山の間に僅かに見える噴煙が上がっている箇所だった。霞沢岳を背に登り続ける。
 漸く南峰と北峰の鞍部に着く。噴気孔の周囲は白くなっており、微かにイオウの匂いがする。その直ぐ上が北峰の山頂で、数人が立っているのが見えた。真下には水を張った火口湖が見える。
 山頂からの眺めは最高だった。今夏登った霞沢岳、昨夏登った笠ヶ岳、遠くに見えるは鷲羽・水晶か、それに槍ヶ岳、そして何よりも穂高連峰が素晴らしい。幾人か居た登山者も皆中ノ湯の方へ降りる。我々は焼岳小屋へと向かう。こちらの方が急であり、慎重に下った。
 焼岳小屋の宿泊者は定員20名に対して、西穂山荘から西穂を往復し、こちらに来たという団体ツアー客などを含め37名。小屋内での混雑振りは想像がつく。17時半からの夕食が済んだら18時組と交代するため布団に入るしかない。それでも夕食前に他の登山者と少し歓談できた。ザックの置き場も狭く、一部は軒下に出してシートを掛けておく状態だった。
(9/23) 明け方頃から降り出した雨は止みそうになく、西穂山荘経由で上高地に下る予定だったが断念し、真っ直ぐ上高地に下ることにした。雨は上高地に降りても止まなかった。昨日は天気が良かったのに。運が良かったと言える。
 焼岳は日本百名山である。にも拘わらず道中を含めて標識が殆ど無く、有っても文字が消えかかっている状態だった。登山道は中ノ湯側の方が整備も良く登りやすい。花はリンドウ,シラタマノキ(実)が目に付いた程度で、殆ど終わっていた。一週間もすると紅葉が始まりそうだ。
竜島温泉でゆっくりしてから長岡に向かった。

焼1

噴気上がる山頂(北峰)に近づいてきた

焼2

所々に見られたシラタマノキ(実)

焼3

噴気孔は山頂(北峰)の直ぐ近く

焼4

水を張った山頂の火口湖

焼5

山頂(北峰)から眺める槍穂連峰
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[1]   

~ Comment ~

写真素晴らしいですね 

変わりやすい天候の中,初日にこれだけの景色を見ることできてよかったですね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【10月会山行の案内   日本三大急登の一つを登る】へ
  • 【11月会山行の案内   晩秋の北八ッへ】へ