長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
会山行

掃部ヶ岳(1449m)  360°の素晴らしい鳥瞰(ちょうかん)

 
 ←天狗岳(2546m)   晴天で全アルプスが見渡せた →1月会山行の案内   富士山の絶景を期待
〔山行月日〕2012年12月2日(日)
〔メンバー〕源川、吉岡、井上厘、川上榮、千野、丸山、田口、久保(記)
〔コース・タイム〕長岡ICP 4:50⇒6:35渋川伊香保IC⇒7:14国民宿舎吾妻荘7:45→8:40掃部ケ岳8:50→9:20西峰→耳岩→10:10杖の神峠→11:22吾妻荘/入浴12:35⇒16:00長岡ICP

長岡の前日は雪、上州も雪、掃部ケ岳の当日の雪の量を参加者皆が心配するところ。榛名湖畔の雪はちらっとあるだけ。雲一つない快晴。吾妻荘の脇の道路を道なりに進むと、すぐ左側に登山口を表示するプレートがあった。1㎝か2㎝程度の雪。霜柱が立つ雑木林の中は一面、都笹が茂っていた。歩いて25分の所で、朝の冷え込みの厚着を衣服調整。
稜線に差し掛かるころ、突然トップのMさん、大きな声で「浅間山だ!」。純白の浅間山が大きく、みんなの視界に入った。右後ろ手から、谷川連峰、そしてアルプスの山並み。1時間程で掃部ケ岳に着いた。浅間山の左手に両神・雲取の秩父連山。そこから左に逸れた場所に素晴らしい富士山がくっきりと奥座敷に鎮座する。榛名連山、右から烏帽子、榛名富士、鷹ノ巣山、三ツ峰山、天目山、少し奥まりギザギザの妙義山。この上なしの天気に恵まれ、360°の素晴らしい鳥瞰。
地図と下る方角の山並みを目視しながら下山。下りもまた一面笹原。掃部を少し下った場所と西峰の近くに三角点を思わせる標石があったが違うのかな? 耳岩の上は4~5人のスペース、眺めも素晴らしい。右下の巻き道を通り、送電線を真横に見ながら杖の神峠の林道に降りる。反対斜面は杏ケ岳の急な登りになっていた。この辺一帯は針葉樹林帯で針状の落ち葉が敷かっていた。あとは吾妻荘登山口まで1時間。路面が濡れ、凍ったところを避けるが思わず滑る。日の当たる坂道で昼飯。竹久夢二のアトリエ、榛名湖畔公園を素通りし、登山口の駐車場に着く。午前中に登山終了。
吾妻荘の温泉は貸し切り、今日はいい日だった。


耳岩を振り返る
耳岩を振り返る

掃部ヶ岳山頂付近からの浅間山
掃部ヶ岳山頂付近からの浅間山
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   会山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[2]   

~ Comment ~

NoTitle 

こんにちは、新潟の山男です。
春頃貴山岳会のホームページを見つけました。
その後、たまにホームページを覗いています。
今回の山行記で、鳥瞰という言葉を初めて知った無知な者です。この様な時に使う言葉かと・・・。
素晴らしい山行だったことがうかがえますが、写真の一枚でもあれば、素晴らしさを一層感じることができるのではないかと思いました。
これからも楽しみにしています。

謹賀新年 

新年明けましておめでとうございます。
今年もみなさんが素晴らしい山行が出来ることもお祈りするとともに、私も負けないで登りたいと思います。岩手の山に来れる方はいつでも歓迎いたしますので、ご連絡ください。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【天狗岳(2546m)   晴天で全アルプスが見渡せた】へ
  • 【1月会山行の案内   富士山の絶景を期待】へ