長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
イベント

志賀高原ゲレンデスキー

 
 ←2月会山行の案内   恒例となっている風谷山 →三ノ峠山(469m)    踏み跡の無い雪斜面を登る
〔月 日〕2013年2月2日(土)~3日(日)
〔メンバー〕高坂、荒川、吉岡、山田、田口、安達、鳥羽、川上、土田、
井上、市之宮、横山(記)  他1名

2月2日(土)から1泊2日で志賀高原にスキーに行って来ました。雪質が良く広大なゲレンデを誇る志賀高原に私もあこがれていましたが、ここ数年では最多の13名が参加しました。宿は丸池スキー場から徒歩3分のところ。荷物を置いて、早速、ゲレンデへ。1年ぶりのスキーが楽しい。
午後からはシャトルバスに乗って焼額山ゲレンデまで足を延ばす。ゲレンデからゲレンデへ、時には道路に掛かる橋を渡り、広い志賀高原を滑りつないで丸池に戻って来たのは夕方4時頃。50代後半の2人以外の60代、70代のメンバーには少しハードなスキーでした。
宿に戻り、温泉に浸り、疲れを癒した後は夕食。しゃぶしゃぶの鍋を囲んで乾杯。部屋に戻ってからも2次会で遅くまで盛り上がりました。
翌日は、前日の山でも雨が降るような暖かさとは一変して、冬型の天候になる。相談がまとまり、バスに乗り横手山を目指す。これで志賀高原の端から端まで滑ることになる。リフトを乗り継ぎ、標高2,307mの山頂へ。ガスが徐々に晴れてきて真っ青な空に純白の樹氷と鉄塔が映える。幻想的な美しさだ。樹氷を左右に見ながら粉雪の斜面を滑り降りる。これぞ、スキーの醍醐味か。ただ、寒く手がかじかむ。リフトの係員に聞いたら、18度位(マイナス)という答え。初めて体感する寒さだ。
13時過ぎのバスで宿に戻り、入浴(空いていたせいか、帰るまで部屋に荷物を置き、入浴も出来た)して疲れを取り、帰路に就いた。「長岡が近づくと現実に引き戻される。志賀高原のスキーは夢のようだった」、とAさんが呟いた言葉が印象的だった。


12_20130207192741.jpg
リフトに乗って横手山に向かう

22_20130207192742.jpg
横手山の樹氷

32_20130207192744.jpg
まるで花が咲いたような一本の立木(渋峠スキー場)

4_20130207192737.jpg
氷霜が付着し白く輝く横手山山頂の無線中継塔

5
横手山山頂からの笠ヶ岳と遠方の北アルプス(白馬三山と唐松)

スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   イベント
*Edit ▽TB[0]▽CO[1]   

~ Comment ~

NoTitle 

早速、見ました。新年早々、富士を眺める電車山行が素晴らしければ、志賀高原も樹氷が見事ですね。それは、下界が俗にすぎるほどの好天気で列島の背中で燦々と冬の太陽と極寒の冷気が天国のようでしたでしょうね。きっと、この次の風谷山も申し分なく越後のあたたかい雪がきらきらとして日に光りみなさんを迎えてくれることと思います。今年もたくさんの絶景をと共に山行記をよろしくお願いします。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【2月会山行の案内   恒例となっている風谷山】へ
  • 【三ノ峠山(469m)    踏み跡の無い雪斜面を登る】へ