長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
会山行

三ノ峠山(469m)    踏み跡の無い雪斜面を登る

 
 ←志賀高原ゲレンデスキー →3月会山行の案内   雪残る早春の里山へ
〔山行月日〕2013年2月17日(日)
〔メンバー〕井上、高坂、高橋、中村、安達、竹田、山田(記)
〔コース・タイム〕長岡市営スキー場P7:45→9:45稜線9:55→10:10三ノ峠山10:15→10:20友遊小屋11:00→12:10長岡市営スキー場P

昨日吹いた風は山に雪を運んだ様だ。急遽、風谷山から三ノ峠山に変更となった。市営スキー場の駐車場から、ワカンやスノーシューを履いて足跡の無い雪の上を進む。ヒラタケがびっしり付いた大木を見つけたが手が届かない。旬の頃に採ることが出来れば最高だが。
天気は曇り。時々雪が舞うが、この状態なら良い方だ。登り始めは汗ばんだが、登るにつれ気温が下がってきたのか暑さは感じなくなった。新雪も下の方は十数センチ程だったが次第に多くなってきた。トップは交代を繰り返す。スキー場の上部と三ノ峠山を結ぶ稜線の手前が急斜面だ。しかも新雪が多くてもぐる。真っ直ぐは進みづらく、広い尾根をジグザグに登る。登り切った稜線上からは、風谷山や鋸山、更に鋸山から萱峠へと続く尾根が見えた。
やがて、大きな杉の木が目印となっている山頂に到着。4年前に登った時は踏み跡の中に70~80㎝高の標識の頭を見つけたが、今日は雪多く、何処に標識があるのか全く分からない。写真を撮った後、直下の小屋まで下る。遠望はきかないが右手(西側)には長岡市街が見渡せる。南側には南蛮山が良く見える。
友遊小屋には誰もいなかった。ここで昼食を摂り、下ろうとした時にKさんとバッタリ。一緒に赤道コースを牧場側に下った。下は中学生のクロカン大会で賑わっていた。

1

 稜線目指して新雪の山斜面を登る

2

 三ノ峠山山頂手前からの風谷山(左)と鋸山(右)
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   会山行
*Edit ▽TB[1]▽CO[7]   

~ Comment ~

春よ来い 

とにかく、つめたいと怖気づいてしまうこの冬。
当日は日曜日としては珍しく天候はまあまあで、日も差しましたね。
守門もよく見えていたし、風もなく。山行の人はいい汗をかいているのだろうな、とまた、また、羨ましくなっていました。
春よ来い、早く来い、と歌いながら空を見上げていました。

春が来る前のトレーニング! 

いつもコメントありがとうございます。私はこの時期初めての雪山でしたが、
天候にも恵まれて大変楽しい山行が出来ました。パーマークお奨めのスノーシューも、なかなか良い使用感でした。3月は、米山さんにもトレーニングへ行こうかな!

いいね、いいね!米山さん。 

ほんと、思い切らないと行けない。
優柔不断(?)、怠け者、のめしこき、口ばっか、・・・・で自分を持て余しております。思い切って行きましょうか。是非、土曜日あたり。

NoTitle 

はじめまして。

長岡だと低山でも本格冬山になるのが素敵です。
やっぱり、雪山歩きは雪国の方々にはかないません。
子供のころから深雪歩きをして、体に染みついているのでしょうね。
一緒に歩くとどうしても差が付いてしまいます。

またお邪魔します。
よろしくお願いします。

春の訪れ 

今日午前、弥彦山を歩いてきました。天気が良くて飯豊や朝日連峰、頚城三山、魚沼三山などが一望できました。裏参道を歩き始めてしばらく行くと、白い雪割草、オーレンが足元にチラホラとありました。私が春一番に見かけるのがオーレンで、最も早くに咲くようです。ユキワリソウ(ミスミソウ、オオミスミソウ、スハマソウ)は、白い色のものから咲くようですが、今日は青い色もありました。山頂は、雪がたくさんありました。

かたぎりさん、うらやましいかぎりです。 

いつも、気軽にササッと県内外におでかけですね。
いったい、いつのころから、そんなに朝飯前のような行動派だったのですか。どなたか、師匠はいらしたのですか。
そんなことを最近、思っています。

NoTitle 

えっ?私は出歩くのが好きなので、思いつくと出掛けますが、特に何かがあったわけではありません。若い時からで、お昼を食べてからでも、ちょっと長野まで遊びには行っていました。でも、出掛ける事は健康にも良いのでないかと自負しています。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今シーズン最初は、スノーシューを履いて!

今年初めての山は、長岡の東山連山の一座三ノ峠山(468.6m)です。当初、風谷山と鋸山への縦走の計画でしたが、昨年の大雪までとはいかないものの本年もなかなかの残雪があることで
  • 【志賀高原ゲレンデスキー】へ
  • 【3月会山行の案内   雪残る早春の里山へ】へ