長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
イベント

八方台(568m)   春の息吹を感じた市民ハイキング

 
 ←5月会山行の案内   残雪と新緑の美しさを求めて →時水城山 ・ 丸山
〔山行月日〕2013年4月29日(月)
〔メンバー〕井上厘、高坂、千野、吉岡(以上4名は先発)、久保、源川、山田、中村、鳥羽、川上榮、梶山、片桐、竹田(記)
〔コース・タイム〕長岡市営スキー場8:05→8:15旧成願寺温泉跡地9:30→11:00車道出合い→11:40八方台13:00→14:20旧成願寺温泉跡地

市営スキー場に集合。本日のコースが「見晴尾根」ということが通知される。旧成願寺温泉跡地に移動し、先発隊は50分前出発ということで、9時前に出発する(千野さんは先発初陣)。
我がコースは26名の一般参加者の方を交えて、市役所のスタッフ共々登り始める。鉄塔下で小休憩。その後も2ヶ所で小休憩をとる。雪は殆ど残っていなかったが、稜線上に出た道路は雪で埋まっていた。2年連続で豚汁は遠のく。
八方台広場に着いてからの休憩は1時間プラスαがあり、余裕があって大変良かった。荻原氏との写真撮影やサインを求める姿が賑やかであった。鋸山、五百山、守門岳、浅草岳、粟ヶ岳、青里岳と眺めも良かった。去年満開であったサクラは、今年は未だちらほらで期待外れ。同じ日なのに自然の不思議さを感じた。
帰りは早々に調子の悪い方が出て、源川さんと市のスタッフが付き添って行かれた。下りは快適に飛ばし、途中コシアブラを収穫する人もいて、無事登山口に戻った。閉山式もテキパキと行われ、協力団体とも呼吸の合った市民ハイクでなかったかと思う。
列後ろのスポーツマン一家の次男(5歳)が皆に励まされて歩き通した。昨年までお父さんの背におんぶされての参加であったという。継続は力である。私も労山2年生、頑張らねばと大いに励まされた。

雪残る車道を歩く参加者
雪残る車道を歩く参加者

荻原健司さんの話を聞く参加者
荻原健司さんの話を聞く参加者
 
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   イベント
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【5月会山行の案内   残雪と新緑の美しさを求めて】へ
  • 【時水城山 ・ 丸山】へ