長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

池塘群の彼方に秋山郷の名峰を眺める

 
 ←槍・穂の絶景に離れがたい気持 →8月会山行の案内1  後立山連峰の南部を縦走

〔山  名〕苗場山(2145m)
〔山行月日〕2013年6月29日(土)~30日(日)
〔メンバー〕田口紀、山田(記)
〔コース・タイム〕*6/29 西山(山田家)14:10⇒16:40小赤沢三合目P(車中泊)
*6/30 小赤沢三合目P5:05→8:25苗場山8:45→11:15小赤沢三合目P12:00⇒12:40結東温泉「萌木の里」13:40⇒15:40西山

田口氏から家まで迎えに来て貰う。R252を通り、十日町経由で秋山郷に向かう。津南を過ぎてからの道は狭い所が多かった。小赤沢から小赤沢川に沿って奥に入る。可成り前に来た時は一合目から歩いたが、今は三合目まで車で入れる。駐車場は広く、トイレもある。ブヨがいるので、車の中で飲んだり食べたりした。

翌朝、4時頃に起きて5時過ぎに出発した。我々と同じく車の中で泊まり、同時刻に登り始める者が幾人かいた。空には雲が掛かっているが、雨の心配はなさそう。むしろ登るには良いかも知れない。
 6合目半位までは比較的なだらかな登りだった。ムラサキヤシオやコイワカガミが所々に咲いており、綺麗だった。他にはエンレイソウ,サンカヨウ,マイヅルソウなど。7合目半位から湿原入口(9合目手前)の坪場までは、クサリやロープが張ってある急登だった。
 雪消えの湿原にはチングルマ,コイワカガミ,イワイチョウ,ワタスゲなどが咲き誇っていた。コバイケイソウは蕾状態。青空が広がってきた。空の色を映し出した池塘群の彼方に鳥甲山や赤倉山などを眺める。木道上の歩きが殆どだが、9合目から暫くは雪の上の歩きとなった。山頂部は広い。湿原入口から50分余歩いて漸くヒュッテが建つ山頂に着いた。
 少し前まで晴れていた空に雲が広がってきて、眺望は利かない。何れ雨が降ってくるかも知れない。それにブヨの大群が頭上を飛び交い、たまらない。早々に下山することにした。下山途中では、これから登る人に多く会った。出発時の駐車場には10台位の車だったのに、下山時には35台位となっていた。ここで昼食とし、その後、国道沿いにある「萌木の里」で入湯してから帰った。


高層湿原と遠方の鳥甲山
高層湿原と遠方の鳥甲山

湿原に咲く花々
湿原に咲く花々

九合目の雪原
九合目の雪原

山頂に建つ”苗場山頂ヒュッテ
山頂に建つ苗場山頂ヒュッテ
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[2]   

~ Comment ~

夏の天空ですね 

写真の限りでは、やはり夏の天空と。
之もたっぷりとあって、やっぱり東国の山なんだ。
午前中の活動だったから、より一層だったわけですね。
本当に空と水と山とが一体の天空だと思います。
ありがとうございました。

憧れの山ですね 

今でも思い出すのが下山途中で「オキナグサ」を見て感激したことです。広い湿原や高山植物などなどまた訪ねたい山の一つです。写真を見て感激しました。ありがとう!
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【槍・穂の絶景に離れがたい気持】へ
  • 【8月会山行の案内1  後立山連峰の南部を縦走】へ