長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行計画」
会山行計画

8月会山行の案内1  後立山連峰の南部を縦走

 
 ←池塘群の彼方に秋山郷の名峰を眺める →槍・穂は雲の帽子を脱いでくれなかった
〔行き先〕針ノ木岳(2821m)~爺ヶ岳(2670m)
〔予定日〕2013年8月9日(金)~11日(日)
〔予定コース〕*8/9 長岡ICP 6:00⇒安曇野IC⇒10:30扇沢11:00→17:00針ノ木小屋(泊)
*8/10 針ノ木小屋5:30→6:40針ノ木岳→8:00スバリ岳→13:30岩小屋沢岳→15:10種池山荘(泊)
  *8/11 種池山荘4:30→5:40爺ヶ岳6:00→6:50種池山荘7:30→10:30扇沢10:45⇒安曇野IC⇒18:00長岡ICP

8月最初の会山行は、扇沢を起点にして、白馬大雪渓,劔沢雪渓と並んで日本三大雪渓の一つである針ノ木雪渓(他の雪渓に比べると幅狭)を登り、針ノ木岳から爺ヶ岳まで縦走して柏原新道を扇沢に下る周回を予定しています。
針ノ木岳は後立山連峰の最南端の山であり、爺ヶ岳は後立山連峰の盟主・鹿島槍ヶ岳の南側に位置し、北峰,中央峰,南峰の3峰からなる。
 晴れていれば、近くに立山や剱岳が眺められ、眼下にはコバルトブルーの黒部湖が見下ろされる。また、高山植物も多く見られると思います。
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行計画】
もくじ   3kaku_s_L.png   会山行計画
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【池塘群の彼方に秋山郷の名峰を眺める】へ
  • 【槍・穂は雲の帽子を脱いでくれなかった】へ