長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

前穂高岳(3090m)

 
 ←四阿山(2354m)   無事終了した募集登山 →天水山(1088m)
重太郎新道の登りは難儀

〔山  名〕前穂高岳(3090m)
〔山行月日〕2013年7月20日(土)~21日(日)
〔メンバー〕源川  他1名
〔コース・タイム〕*7/20 見附2:00⇒中之島見附IC⇒安曇野IC⇒6:00沢渡駐車場⇒7:00上高地→9:45岳沢小屋(テント場)11:10→14:20紀美子平→15:15前穂高岳15:35→16:00紀美子平→17:50テント場(泊)
*7/21 岳沢小屋10:15→12:00上高地⇒沢渡⇒坂巻温泉⇒安曇野IC⇒19:00中之島見附IC

沢渡駐車場に新しいバスセンターが出来たせいか、天候が芳しくないせいか、駐車場の車がやけに少ない。タクシーの相乗りに誘われて上高地へ。インフォメーションセンターで靴下購入。自然探勝路から前穂高登山道は小鳥の囀りが明るい。天然クーラーには、氷が見え、冷気が流れてくる。登りがきつい。岳沢小屋でジュースを飲みカップ麺を食す。重太郎新道は実に難儀。上に行くほどに四つん這いの形になり、せっせと這い上がる。時々、岩が落ちてガラガラと音を立てている。ドーン、と雪渓が崩れ落ちるような音も。
頂上に近付いた頃、岩ツバメの敏速な飛翔に眼を奪われる。さらに、岩ヒバリか、盛んに茂みを出入りして私らの眼を引く。よく見れば黄色の幼虫など加えて雛に与えたい様子。どうやら、早くここを立ち去れと言わんばかりの様子にやっと気がつく。私らを圧倒していた明神岳1峰などと西穂側の稜線がようやく目の高さになる。やがて頂上。奥穂高とその小屋や後方の剱岳。そして雲に覆われ始めた槍ヶ岳。右に目をやれば奥に燕か。そして間近に大天井、常念岳、さらに右下には横尾山荘。もう一度南に振り返れば、眼下の森の中、ジャングルを蛇行してゆくような梓川。そして、神秘の色を反射する大正池。その上右は霞沢岳が一人静かに屹立。その向かいは細いがはっきりと噴煙を見せる焼岳。間に優雅な乗鞍岳の姿。
 なぜ、人が早く頂上に立ち、15時前後にはのんびりとするのか、初めて、とてもよく分かりました。ただ、歩ければいいというものではなかったのですね。ほとんど下り終わる頃でした。なんと、私の靴底が剥がれてきたのです。リーダーが持っていたテーピング用のニチバンで留めてもらいました。右も時間差で同じ経過を辿りそうなので両方とも。おかげで、無事駐車場まで何の問題もなく帰ることができました。

紀美子平付近のイワヒバリ
紀美子平付近のイワヒバリ

山頂からの霞沢岳・中央、遠方は乗鞍岳
山頂からの霞沢岳・中央、遠方は乗鞍岳
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【四阿山(2354m)   無事終了した募集登山】へ
  • 【天水山(1088m)】へ