長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

白砂山(2140m)  アップダウン多く、上り下りの時間ほぼ同じ

 
 ←9月会山行の案内  秘峰と謂われた山へ →10月会山行の案内  連峰の中央部を縦走
〔山行月日〕2013年8月24日(土)~25日(日)
〔メンバー〕山田、竹田、千野、菊埼、川上榮、片桐(記)
〔コース・タイム〕*8/24 長岡IPC 13:00⇒月夜野IC⇒16:25野反湖P→キャンプ場(テント泊)
*8/25 キャンプ場5:00→野反湖P⇒5:45白砂山登山口5:50→8:30八間山分岐8:40→10:00白砂山10:40→11:45八間山分岐12:00→14:30白砂山登山口14:40⇒尻焼温泉「光山荘」⇒月夜野IC⇒19:50長岡

・24日の16:25に野反湖Pに到着し、キャンプ場にてテント泊。テント場は歩いて10分。久々のテント泊。ニジマスの刺身とトン汁で楽しみました。(1張1,300円 プラス 1人300円)
・25日は4:00起床して朝食。5:00にキャンプ場を移動。
・野反湖近辺は広葉樹林帯で、上り続けると尾根道のアップダウンでシラビソやコメツガ林に変わります。堂岩山下の八間山分岐に出ると、一面の笹原が広がり、目指す白砂山方面の稜線が一望できました。ここからアップダウンの繰り返しで、360度展望のきく白砂山山頂。あいにくの雲で遠望がきかず、苗場山、佐武流山、鳥甲山が確認できたのみでした。
・下山途中、「小さな広場」の水が美味しいでした。
・登山道は良く整備されていて歩きやすいでした(稜線の一部はササに覆われていたが)。
・標高差は600m程なのに、累積標高差は1,244m。いかにアップダウンが多いかが分かります。従って、登りが4:10、下りが3:50と登下山ともあまり違いがありません。
・稜線では多くの花が咲いていました。ホツツジ、リンドウ、コゴメグサ、ハクサンフウロが特にきれいで目立ちました。
・長丁場で疲れた体を、尻焼温泉・光山荘で入浴(500円)し、すっかり癒して帰りました。

11

山頂(正面)目指して稜線上を歩く

21

登山道沿いに咲くコゴメグサ

3

山頂から眺める佐武流山と左奥の鳥甲山
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【9月会山行の案内  秘峰と謂われた山へ】へ
  • 【10月会山行の案内  連峰の中央部を縦走】へ