長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
イベント

荒島岳(1524m)  北信越ブロック交流登山

 
 ←10月会山行の案内  連峰の中央部を縦走 →安達太良山(1700m)  紅葉と火山口原の異様で秀麗な景色を満喫
〔山行月日〕2013年9月28日(土)~29日(日)
〔メンバー〕田口、山田、梶山、片桐、鳥羽、高坂(記)  <全体で約80名>
〔コース・タイム〕*9/28 長岡IC 8:30⇒西山IC⇒9:20柿崎IC⇒(高速道通行止めで国道迂回)⇒10:25上越IC⇒14:30福井IC⇒16:00宝慶寺いこいの森(泊)
*9/29 いこいの森6:10⇒6:35勝原登山口6:50→9:30シャクナゲ平9:40→10:50荒島岳11:25→12:30シャクナゲ平12:40→15:10勝原登山口15:25⇒15:45あっ宝んど(入浴)16:40⇒17:20福井IC⇒21:40西山IC⇒22:00長岡IC

28日の交流会は19時から21時まで行われました。風があり焚き火でのファイヤーは中止に。大きなバーベキュー棟で地酒を飲みながら盛大でした。各県連の紹介や催し物。長野県連よりは桑原さんの三俣山荘の歌を美声で聞かせてもらった。新潟県連(参加人数は1番多い)は、みちぐさハイキングクラブの方よりオカリナ演奏披露いただきました。その後、歌声サークルの方とギター演奏で、山の歌、昔懐かしい歌をいっぱい歌いました。
29日の荒島岳勝原登山口は交流会会場の反対方向。昨日大野市に入ると直ぐに目立った山で、大野富士とも呼ばれているそうです。登山口は元スキー場のため、広い駐車場で立派なトイレがあり有り難い。ゲレンデと思われる所を行く。セメントや石ころのある急な道。リフト終点跡には大きな滑車があり、ベンチ代わりになっている。大分前に止めたスキー場で、面影は大きな滑車や登山口のレストハウス。少し行くと改めて登山口の標識がある。ここからもまた急登。でも立派なブナ林が見事。トトロの木と名前が付けられ、節が大きい特徴の大木。スキー場の登山口からシャクナゲ平の中間辺りに白山ベンチあり。白山が出たり隠れたりの繰り返しだった。シャクナゲ平で尾根に取り付くので、急登は終わりかなと思ったが、あまり変わらなかった。難儀の山だった。頂上は雲の中にまかれて、何も見えなかった。パソコンで作った方位盤が設置してあり、一等三角点の山なのに残念。下山間際には、白山が見えて良かった。
帰りは膝が痛くならないようにゆっくり、時間をかけて下る。追い抜かれ、追い越したパーテーはなかった。スキー場登山口のセメントの道は逆向きに下りた。割合楽に降りられて、なんとか下山。新しく登る山は久し振りだった。良かった。
風呂は大野市の「あっ宝んど」。ゴミを燃やした熱でお湯を沸かしたお風呂で汗を流す。福井県は遠いと改めて感じた。


11_201310161929245d0.jpg
 大野市郊外から荒島岳を眺める

21_20131016192919323.jpg
 ブナ林の中を登る

3_20131016192920628.jpg
 トトロの木と名付けられたブナの奇木

4_20131016192922b96.jpg
白山(左),別山(右)を遠望しながら山頂を下る
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   イベント
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【10月会山行の案内  連峰の中央部を縦走】へ
  • 【安達太良山(1700m)  紅葉と火山口原の異様で秀麗な景色を満喫】へ