長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
会山行

安達太良山(1700m)  紅葉と火山口原の異様で秀麗な景色を満喫

 
 ←荒島岳(1524m)  北信越ブロック交流登山 →11月会山行の案内  八ヶ岳連峰の北端へ

〔山行月日〕2013年10月5日(土)~6日(日)
〔メンバー〕源川、吉岡、佐野、菊埼、竹田(記)
〔コース・タイム〕*10/5 長岡IC 13:00⇒栄PA 13:30⇒15:45猪苗代磐梯高原IC⇒16:50横向温泉「中の湯旅館」(素泊まり)
*10/6 中の湯旅館6:15→6:20登山口6:30→8:45箕輪山→10:10鉄山→11:05安達太良山11:20→12:00鉄山→13:20箕輪山→15:30登山口→中の湯旅館16:50⇒19:30栄PA

中の湯旅館の湯治場は温泉が良い。豚汁や刺身などで大いに食べ飲み、盛り上がる。再度温泉に入り、23時頃就寝。
4時半起床の予定が、佐野氏はそれより早く入湯。私らは5時過ぎによろよろと起き出す。味噌汁と朝食を採り出発。登山口よりブナ林帯を源川リーダーを先頭にせっせと(アルコール抜き対策)登る。曇りの天気予報であるが、リフト終点の小屋を過ぎる時分から晴れ間も…。磐梯山や吾妻山、飯豊の山々も見える。但し、ここからが悪路。スベル、スベル、笹につかまり苦労して高度を稼ぐ。
箕輪山からは比較的順調。周囲は期待していた以上の紅葉。山裾なだらかに落ち行く様は見事。また裾の下部は下からの強い西風で、皆首を一方向に揃えてかしがって仲良く紅葉しているのは一寸ユーモラスな感じもしました。鉄山の避難小屋は、土間を挟んでコの字の座敷で、20名位寝られる広さであった。沼ノ平からガスが上がり、有毒ガスで危険だろうと思った。鉄山からは、右手に広がる沼ノ平のまるで宇宙物の映画のシーンに使えそうな火口原と、それを取り巻く冬景色の様な山々。そして、左手にくろがね小屋を下に小さく臨める紅葉の山景色。安達太良山に近づくと一挙に人の数が増え、逆に興ざめの感もした。
帰りは最後の悪路を念頭に安全に降りようと注意を払った。アマンダレも往きに見つけておいた物を収穫し(お化けツキヨダケ多し)、期待の湯に再度入って満足しました。
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   会山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【荒島岳(1524m)  北信越ブロック交流登山】へ
  • 【11月会山行の案内  八ヶ岳連峰の北端へ】へ