長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
会山行

米山(993m)  気を遣いながら通過したやせ尾根

 
 ←坂戸山(634m)  風爽やかに感じるとても良い日 →4月会山行の案内  越後三山を眺めに魚沼の里山へ
〔山行月日〕2014年3月23日(日)
〔メンバー〕高坂、久保、梶山、横山、吉岡、山田、丸山、竹田、佐野、源川(記)
〔コース・タイム〕西山ICP 6:55⇒7:40大平登山口8:00→9:20二ノ字9:30→11:15米山12:20→13:20二ノ字13:30→14:25大平登山口

時折ぱらつく雨をウインドウに受けながら2台のRV車は、一路下道を大平集落へ。集落の先客は少なく車2台程度。二ノ字までは踏み跡も都合よく進んだが、それからのやせ尾根は、まだ低温時の硬さで踏み外さぬ様、滑らない様に気を遣いながら歩く連続でした。二ノ字でアイゼンを付けたリーダー、その前に付けたMさんはさすが。昨年この時期に通った者は、やせ尾根の細さと硬さの危ういことに内心はらはらしました。しかし、リーダーがゆっくりペースで進めていたので最後まで歩くことができました。特に、ブナ林の終盤の登りのきついこと、斜度が強い上に雪面がアイスバーンに近い状態でしたから、みんな慎重でした。上に出ると風は緩いながらもやや冷たく、頂上小屋も煙ったりしていましたが、到着する頃には薄日も射さんばかりでした。
小屋の中は、隙間風もなく、先着の我が一行も含めたさほど多くもない人々は、ほんわかとくつろぎの昼食をがしがしと召されていました。高貴な方の誕生もこのようであったろうかという様な温かいオレンジ色の光が、窓より小屋の中にぼんやりと広がるのでした。
さて、下りとなりますと、あの恐怖のアイスバーンのような斜面が緩んでいたのです。「滑ってごらん。」と、囁くではないですか。シリセードでヤッホウ!でした。緩み始めたやせ尾根はむしろ安心で、無事下山となりました。今日の山行では、米山に新年から何回か登っている人も何人かいて、雪の状況がその都度違って、歩き方も様々に試せて面白いということでした。私にとっては、今年初めての山行でした。下山後の明るい陽の中で感謝、感謝でした。

12_20140328075755a88.jpg
やせ尾根を歩く

22_20140328075757ae3.jpg
ブナ林の登り

32_20140328075759cea.jpg
山頂手前の登り

4_20140328075752874.jpg
雪に埋もれる山頂の薬師堂
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   会山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[1]   

~ Comment ~

やっぱり、写真はいい! 

写真は、よく語っていますね。案がいたいしたことなさそうな感じと実際は、どうだったのか、といったところは、やはり、現地に行ってみなければというところでしょうか。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【坂戸山(634m)  風爽やかに感じるとても良い日】へ
  • 【4月会山行の案内  越後三山を眺めに魚沼の里山へ】へ