長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
イベント

県連山スキーに参加して

 
 ←4月会山行の案内  越後三山を眺めに魚沼の里山へ →御嶽山(306m)
 行く前から、超、緊張、初めての県連行事。県連総会後、初めての行事となった大岳、山スキー。これは、3月の予定が、天候等の事情により4月13日となったことです。
私は、3月時点でこの山スキーを希望しませんでした。が、しかし、3月末の会山行で米山に何とか行き着くことができました。そこで、4月の大岳、天候によっては、眺望、気温、陽射しなど申し分なく、あとは、体力かと、参加を決意しました。
米山に備えて買った、まだ1回も使わずにこの冬を終わりそうなスノーシューとおお、おお、むかしに買ったカルフ・キネテイクスのロゴは、当時のテレマークスキーです。どちらも、本格的な練習もしていません。テレマークは、林道を半日。4月の粟ヶ岳中腹部での経験だけです。単に、山頂部の広いところで遊べたら気持ちいいだろうな、という気持ちです。
 当日が迫るにつれ、足手まといになるだろうな、体力はもつだろうか、不安はいっぱいです。でも、持っていきたい。不安を抱えながらも、やってしまう、これが、私の生まれながらにしての性です。知らない人ばかりの中で敢えて愚行を披露するという漫画です。自虐的と言われるゆえんです。
 朝食が、4時半だったので、おなかが空いて、まるで低血糖の症状のよう、バナナ2本と大きいアンパンで落ち着きました。次には、頂上が近づくにつれて、大腿部が引きつり始めていましたが、ごまかしながら何とかたどり着き大岳で塩と梅干しを口にしました。頂上手前で、Mさんが仲間と交わす言葉の中に、「地球の丸さを見るようだね。」という声が聞こえていました。振り返ると、(本当にそのとおりですね。)と心躍らせた私でした。
 行き着く間もなく、スキー組に入って下山です。斜滑降で袴に向かいましたが、転倒しながらたどり着いて集合写真に。その後も転倒を繰り返しながら、足を痛めないうちに、覚悟していた通りにカルフを外して、歩きました。この間、ずうっと、苦言もおっしゃらずに安全域まで附いてくださったKさん、Yさん、そして、計画してくださった、おだまき山の会、先導してくださった、みちぐさ山の会、皆様にご迷惑とご心配をおかけしたことと思いますが、終始、寛大に見守っていただいてありがとうございました。いろいろな方から温かい言葉をいただいたことがとても嬉しかったです。
 いつも、行動が遅く、準備や始末に手間取ってばかりで、団体行動に附いていけない私です。その都度、複雑な心境に陥ります。筋トレの必要や練習、学習の必要を。でも、現状は、会山行をその場面としていることの繰り返しです。

                                     源川


P4130016 - コピー
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   イベント
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【4月会山行の案内  越後三山を眺めに魚沼の里山へ】へ
  • 【御嶽山(306m)】へ