長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
会山行

御嶽山(306m)   ブナの新緑帯は気分爽快

 
 ←坂戸山(634m) →櫛形山(568m)~大峰山(399.5m)~鳥坂山(438.5m)
〔山行月日〕2014年4月27日(日)
〔メンバー〕井上厘、久保、高坂、片桐、梶山、山田、丸山、安達、佐野、近藤、近藤、中村隆、中村康、竹田(記)   他1名
〔コース・タイム〕長岡南越路ICP7:00⇒7:45六花園登山口8:00→8:30御嶽山8:45→8:55大平山9:00→9:30FM塔10:00→10:25大平山10:40→10:50御嶽山11:00→11:30登山口

いよいよ大地を踏みしめて登山開始である。越路ICの駐車場に全員集合し、3台で出発する。中村女史は会に入って早速の「会山行」である。中村隆さんは久し振りのメンバーとの山行で、友人を新潟から連れてきてくれた。登山口近くの月岡公園は丁度桜が満開。大いに気分が盛り上がる。登り始めて直ぐにブナの新緑帯となり、気分爽快。頭を上げるとイワウチワの群落。もうカメラの出番である。リズム良く登って間もなく「出合いの鐘」に着く。
標高はそれ程でもないのに、谷は切れていて周囲の眺望が良い。正面に下権現,上権現、そしてやや霞んで唐松が見える。尾根をスイスイと歩き、やがて地元の有志が作った避難小屋(誰か一人位は居た?)を通って頂上に着く。早くも登頂のあっけない感はあるが、小休止の水分補給をしながら話に花が咲く。馬の背を通り、未だ咲きがけの赤紫のツツジ(東国三葉ツツジ?)の蕾達に目を惹かれる。これからはツツジの道となるのだ。大平の東屋に到着。右手にハナコ(八海山,中ノ岳,駒ヶ岳)が良く見える。小休止してFM塔を目指す。コシアブラを時々目にするが、もう一週間後位が良いのでは・・・。残雪も少し味わってFM塔へ。埼玉から来たという人が青いネットでギフチョウを採集していました。気温が高いので飛翔力が強く、3回も取り逃がしたとのこと。春の陽気よもっと頑張れ!
帰りに着くと驚いたことに私達より多いグループが向かって来るではないか。23名の五泉のグループとそれ以上の六日町高校の山岳部。この春、小出高校に赴任した佐野さんはトップと最後尾の引率の先生から「あれ?今日は生徒さんは連れてないの?」と冷やかされていましたが、若い高校男女の集団に私達も嬉しくなりました。ブナの新緑を下山で再度味わって、最後にミズバショウを見に脇沢へ降りて、戻って無事本日の登山は終わりました。川口で温泉に入り(700円は高かったが綴り券を利用して650円)、小千谷の時水城址(城山)登山口を片桐さんより案内してもらって帰路に就きました。

ブナ林の登り
ブナ林の登り

登山道沿いに咲くイワウチワ
登山道沿いに咲くイワウチワ

山頂に立つ御嶽山大神の石碑
山頂に立つ御嶽山大神の石碑

スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   会山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[1]   

~ Comment ~

お祭りみたいでいいですね 

蝶を狩る人に逃れよとばかりの筆者。
行き交うは、街の雑踏か、かわす言葉が嬉しいですね。
入湯料が高い温泉もなんのその、越後は魚沼の春を満喫されてよかったですね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【坂戸山(634m)】へ
  • 【櫛形山(568m)~大峰山(399.5m)~鳥坂山(438.5m) 】へ