長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

谷川岳(1977m)

 
 ←櫛形山(568m) →鳥海山(山スキー)
(山行日) 2014年5月11日〜12日
(メンバー) 菊埼  他2名
(コースタイム)
5/11 長岡駅11:30-土合駅12:26・・・ロープウエイ駅12:50-天神峠13:35・・・熊穴沢避難小屋14:15/14:25…ザンゲ岩(天神尾根のザンゲ岩)15:15/15:23・・・肩の小屋15:35
5/12 肩の小屋6:38・・・オキの耳6:50・・・肩の小屋7:12/7:28・・・熊穴沢避難小屋8:13・・・天神平8:55―ロープウエイ駅9:25・・・(資料館見学)・・・湯檜曽11:45/13:46-長岡15:36

 10数年ぶりの谷川岳。ロープウエイ、リフトを使って、天神峠へ。これから登る天神尾根の残雪に心が躍る。天気は快晴、気温は高いが風が心地よい。ルートはほぼ雪上。熊穴沢避難小屋手前のトラーバースはフィックスロープが張ってある。右側が切れ落ちているだけにいささか緊張する。一歩一歩ゆっくり雪面を踏みしめて歩く。
 避難小屋から先、ザンゲ岩まではほぼ土の上、岩の上を歩く。ザンゲ岩で小休止をして大雪面を登る。風が強くなってきた。ルートに沿ってロープが張ってある。急斜面なので、ピッケルをしっかり突き立て、確実にステップを作りながら歩く。
 肩の小屋に着き、さっそく酒宴。同宿は3人。小屋がすいていてゆったり使えるのはじつにぜいたくだ。夕食後、日没が19時と聞いたので、ひとりでトマの耳へ。苗場の右に沈む夕日を眺める。
 翌日は、小屋にザックをおいて、空身でオキの耳を往復する。強風にあおられ体がふらつく。遠く富士山、白馬三山が白く浮かんでいる。巻機、越後三山などが重畳と連なり雄大だ。
 小屋からの下山開始は7時28分。小屋直下は大斜面の雪上で、雪はやわらかいもののスリップしやすく、慎重におりる。下山はできるだけ雪上を拾っており、グリセードを楽しむ。
 早々に下山したので、湯檜曽まで歩き、林家旅館で温泉に入り、ざるうどんをつまみに生ビールで乾杯。長岡駅着15時36分。

20140517121806331.jpg
天神尾根を登る

201405171218339a8.jpg
肩の小屋から万太郎山方面を遠望する

20140517121904089.jpg
山頂から朝日岳、巻機山方面を遠望する

スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[1]   

~ Comment ~

余裕がいいですね 

宴の後で一人夕景に溶け込んだり翌日も遠景に富士や白馬は、その日、その時刻、そこならではの光景だったのですね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【櫛形山(568m)】へ
  • 【鳥海山(山スキー)】へ