長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
会山行

荒沢岳(1969m)

 
 ←御嶽山 (3063m) →刈羽黒姫山(891m)
(山行日) 8月23日(土)~24日(日)
(メンバー) 高坂、吉岡、千野、竹田(記)
(コースタイム)
8/23 越路原信 14:20⇒(R352)⇒(シルバーライン)⇒15:50 銀山平キャンプ場(泊)
8/24 キャンプ場 5:30⇒登山口 5:40→6:50 前山→10:00 前嵓→12:10 荒沢岳 12:40
→14:30 前嵓→16:50 前山→17:30 登山口⇒かもしかの湯⇒20:40 長岡南越路 IC

(8/23)原信で焼肉の材料やビールなどを買い込み、一路銀山へ。キャンプの設営を終えて 乾杯。天気は上々、酒は旨し。強引に風呂に押しかけ、贅沢な温泉入浴で入眠。
(8/24)4時頃よりモソモソと起き出し、準備に入る。天気は良さそう。少し急な入りでは あるが、気分良く登り始める。怪しげなキノコが道のあちこちに有り、食用か毒か、食べる か食べないかを話ながら前山へ。背後に未丈、左手に銀山湖、右手にやがて駒ヶ岳の山容が 見えてくる “暑くなりそぉー”の声に実感がこもる。昔、山野草に狂って探しまわった辺りから恐怖の梯子と鎖が出現。しがみつく様に取り付き鞍部へ。前嵓の全容が見え始める頃は観念して景色を眺める。直江津のご夫婦が越して行く。それからは鎖の連続。高坂さんと吉岡さんがリードしてくれる。前嵓の頂上に着いた時は“ホッ”とした。ところが、ここからの尾根歩きが長がーいのである。目標の峰にあるキタゴヨウやカンバの耐え忍ぶ姿を見て頑張る。でも皮肉なことにガスが出てきて、やがて雨具の着用に。先の夫婦はもう下山していった。もう一山越して頂上へのトライと思ったら、脇をトラバース。儲かったなあと思っていたら、ミヤマコゴメグサが目に入った。イヤサレルー。 12時10分遂に頂上に立つ。皆、達成感で握手をする。遠望は残念ながらきかないが、兎岳への縦走路は見える。銘々食事を採り、40分に下山開始。蒸すので雨具を脱ぐと雨が降るといった風で、汗のジュースを着ている感じ。帰りもまた長い道のりで、特に前山から駐車場までが結構急で、よくぞここを登ってきたと自分をほめる。高坂氏は喝を入れるため、吉岡さんはこれからの稲刈り等の忙しい日程の中での、私と千野さんは念願の初登頂ということで、今夏一番の満足の行く山行となった。帰りの小千谷駅前で祭りの山車のパレードに遇って、その賑やかさに感心した。

201409102224512bb.jpg
前山より少し登った付近より頂上望む

201409102224076fd.jpg
前嵓手前より未丈ヶ岳を望む

20140910222330e37.jpg
長く続く鎖場

スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   会山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[1]   

~ Comment ~

おめでとうございました 

もう、ずっと、子どもだった頃、二十代の若かりし頃のような夏は望めず、いつも雨雲の到来が当然の日本の夏になって久しいですね。それにしては、難儀ぃ荒沢岳に到達、本当に良かったですね。昨年、断念したことを後からの天候を知って残念だったことをまた、思い出してしまいました。そして、枝折峠から見た荒沢岳、未丈岳の壮観な姿も想い起こしています。やがて、行かんと。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【御嶽山 (3063m)】へ
  • 【刈羽黒姫山(891m)】へ