長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

刈羽黒姫山(891m)

 
 ←荒沢岳(1969m) →湯ノ丸山(2098m)~烏帽子岳(2065m)
(山行日) 2014年8月28日
(メンバー) 源川(記録) 見附市民20余名
(コースタイム)
8:35ネーブルみつけ⇒中之島・見附IC⇒柏崎IC⇒10:15磯之辺登山口
⇒11:18鵜川神社⇒11:30~12:20山頂⇒13:22磯之辺登山口
⇒13:30~15:10じょんのび温泉入浴⇒柏崎IC⇒中之島・見附IC
⇒16:25ネーブルみつけ

山行記録等
・見附市民活動悠々ライフ主催の山行に参加しました。20余名の60歳以上と思われる男女の一行です。
・登山口が既に500m位の標高であり、棚田の色が黄金色に染まりつつ、立派なトマト畑も、茎や葉の緑が薄い 色合いで秋が近いことを感じさせました。
・登山口すぐに、立派なトイレがありました。そして、ふと気づくと見事なブナの木の山でした。急な道なので、 段が作ってある登山道でした。途中にキャンプ場があり、芝がきれいでした。今、使う人はいないのでしょう、 水道は出ませんでした。
・立派な石段が始まると鵜川神社でした。観音様でしょうか石像が三十三体並んでいました。
・頂上に着くと、平成2年設置を記した、避難小屋がありました。登頂者名簿を開くとほぼ連日のように人が登っ ているようでした。小屋の帳面に名前を書くというのは、昔よくやった覚えがありますが、最近では八石山以来 で、新潟の山らしいな、と勝手に懐かしい気持ちになりました。
・雨にもならず、風もなく、雲が低く、ほとんど陽射しのない時間帯を行動しましたが、帰り道では、段が高いこ とや滑りやすい地肌に緊張しました。
・いつも、見附から見るたびに、誰かが言っていた刈羽富士という呼び名を思っては、ずっと、行く日の来ること を漠然と思っていたのですが、念願かなってよかったです。
・登山口から降りていくとき、マイクロバスから見える棚田や周りの山々が、頸城の山中を思わせました。なんと も言えない、神秘さと自然への感謝という気持ちがふつふつと湧いてくるようでした。
・悠々のみなさま、ありがとうございました。

20140831155350b05.jpg
見事なブナが続く登山道

20140831155320583.jpg
三十三観音

20140831155246180.jpg
山頂で長い時間を睦みあうアゲハ



スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[1]   

~ Comment ~

ペース配分 

このたびの山行では、懐かしく思い出したのでした。数十分ごとに立休みなり、短時間の休憩を確実に取るのでした。私も含めて還暦をとっくに通過された方々もいらっしゃるので、当然ですよね。ちょっと、調子に乗っている最近の私だったから、がつーんと来ました。山とものづくりの師匠やダンディ山男から教わった心遣いをすっかり忘れていた私でしたから。当日、引率くださった紳士様、ありがとうございました。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【荒沢岳(1969m)】へ
  • 【湯ノ丸山(2098m)~烏帽子岳(2065m)】へ