長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

風吹大池(1800m)

 
 ←湯ノ丸山(2098m)~烏帽子岳(2065m) →田代岳(1177.8m)森吉山(1454.2m)

(山行日) 2014年9月7日
(メンバー) 鳥羽 片桐(記録)
(コースタイム)
長岡5:00 == 蓮華温泉7:50
8:10 → 8:20 → 9:15~20 → 11:25 → 11:55
砂利原P ― 風吹大池登山口 ― 笹目尾根 ― 天狗原分岐 ― 風吹山荘(大池)
15:45 ← 15:30 ← 14:40~50 ← 13:05 ← 12:45
16:00発 == (姫川温泉・くさの湯) == 長岡20:00

・ 蓮華温泉の手前の砂利原Pに車を留めて、少し戻ると、草の濡れた登山口があります。
・ ちょっと歩くと、ヒノキ(クロベか、サワラか?)の巨木が続く急登が始まります。根が絡 み合った木や横たわる木、ともかくでかい。そのせいか、道はふわふわで歩く足にはやさし い。尾根まで標高差約300mの急登です。ゴゼンタチバナの赤い実が目にとまります。ヒ
ノキからツガやシラビソの巨木に変わりだすと、やがて笹目尾根の標柱。一息入れます。
・ 笹目尾根は緩やかな道で、小さなアップダウンを繰り返します。木々の間から、左を見ると 日本海から青海黒姫、明星山、それに頚城駒、鋸・・・が眺められます。右を向くと後方に 朝日岳方面が見え、身近に白馬乗鞍が構えています。道は尾根歩きですが、ぬかるむ所が多々 あります。やがて、小さな草原が幾つもあり、咲き遅れたイワショウブ、元気なウメバチソ
ウが見られました。木道も濡れて滑ります。
・ そして、最大の湿原、風吹天狗原に出ます。花は終わり、草黄葉には早い湿原の木道を行き
ます。そこから急降下すると、目指す風吹大池です。静かに、きれいな水をたたえた大池が 緑の木々に囲まれています。立派な山荘が3棟も山ぎわにあり、屋根には太陽光発電板もあ ります。
・ 1組の若いカップルがいました。昨夜、白馬大池でテントを張り、歩いてきたのだと言いま す。「夜は雨でした」とのこと。合わせて5人と出会いましたが、多くが大きなザックを背負 っている姿を見ると、白馬大池でテント泊し、ここを通過して下山しているようで、ここを 目的に歩いてきたのは我ら2人か・・・。木製のベンチで昼食。真っ青なリンドウが傍らに 咲いていました。
・ 滑る木道、ぬかるむ道やふわふわの道、これは足にやさしい道です。だから、笹目尾根から の急降下も足に負担をかけることも無く下山することができました。

20140910220958645.jpg


20140910220926427.jpg

2014091022103362b.jpg

スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[1]   

~ Comment ~

いつも素敵な山行ですね 

Kさんは、いつも素敵なところに行ってらっしゃいますね。植物や景観の描き方が読む側の想像力を掻き立て更に写真があるから一層倍です。私もそのように伝えることができるようなりたいです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【湯ノ丸山(2098m)~烏帽子岳(2065m)】へ
  • 【田代岳(1177.8m)森吉山(1454.2m)】へ