長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
会山行

栗駒山

 
 ←浅草岳(1585m) →巻機山
(山行日) 2014年10月11日〜12日
(メンバー) 高坂 吉岡 千野 竹田 丸山(記録) 他1名
(コースタイム)
10〳11 長岡ICP7:00➝中之島見附IC7:30➾若柳金成IC12:40➝イワカガミ平14:10➝金明水P14:50(テント) 10〳12 出発6:10➝イワカガミ平6:25、登始6:45〜山頂8:25⋯9:00〜東栗駒山9:55〜下山11:00➾長岡17:15

台風19号接近寸前の絶好の行楽日和のなか、若柳金成ICで降りて新潟とは違う稲の背丈と干し 方に地域の特性を感じつつ、夕食の食材の買い出しをする。道路沿いには山の絵入りの「栗駒山へ のみち」という看板があり分かり易い。林道に入り次第に両側の紅葉が綺麗になってきて、栗駒山も最高の見 頃なのではと胸が膨らむ。標高1113mのイワカガミ平に着くと栗駒山の山容がはっきり見え、穏や かでそのスケールの大きさに圧倒される。山の紅葉の見頃は10日位前であったと地元の人が言っ てたが、イワカガミ平と山の裾野では今が真っ盛り、秋の陽差しを受けた木々の饗宴を楽しむ。 イワカガミ平ではテントが張れず、ハイルザーム栗駒〔下山後♨〕に戻り、合流してくれる予定の岩手の内山さん と久し振りの再開。テントは金明水Pに張る。手際よく焼肉と豚汁の支度も終え早めの夕食に。前夜祭はいくらか 冷気の入るなか盛り上がる。二次会はテントの中で。内山さんとの接点も馴染み良く、ランプに月明かりも混じりテントの中でも高揚し9時には就寝。
中央コースからの登り始めは、整った石畳が延々と続く。次第に大きくジグザグに登る。その昔噴火した時の 噴石が目立ち始め、量も多くなってくる。御嶽山が大噴火したばかりなので、計り知れない自然の凄みを感じる。 山頂直下は、丸太で土が崩れないようによく整備してある。山頂は広く、好天にも恵まれ大パノラマで、いつか登りたい鳥海山、早池峰山、岩手山などが良く望めた。
下山は東栗駒コースを周回する。広大な草黄葉と池塘が、晩秋の山を彩っている。幅の広い渡渉地点では、 守門大岳の入塩川の渡渉でドボンと川に落ちた事が思い出され、2箇所程緊張して通過する。さらに下山道は険しくなり、大きな石と激しい段差で中央コースからの登りでは思いもつかなかっ登山の本来の醍醐味を、最後に思う存分満喫した山行でした。

鳥海山遠望
頂上から鳥海山遠望

東から
東栗駒から栗駒山を望む
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   会山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[1]   

~ Comment ~

よかったですね 

鳥海山の眺め、いいですね。岩手山はどのように見えていたのでしょう、やはり、富士のようだったでしょうか。歩きながら、ほかの山行を想うことも、またいいものですね。内山さんもお出でになって楽しい前泊テント、絵に浮かぶようです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【浅草岳(1585m)】へ
  • 【巻機山】へ