長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
会山行

吾妻山(481m) 群馬県桐生市

 
 ←御岳山(306m) →三ッ峠山
(山行日) 2014年1月11日(
(メンバー) 高坂 鳥羽 近藤(春) 安達 山田 佐野 片桐 竹田 近藤(真)(記録)
(コースタイム)
長岡南越路スマートIC発6:25→吾妻公園P発10:30→登山口11:00→トンビ岩11:07→頂上着11:40
頂上発12:15→吾妻公園P着13:15→富弘美術館着14:20 発15:30→長岡南越路スマートIC着19:50

 長岡を出発し県境に向かうとだんだん降雪が増えてきましたが県境のトンネルを抜け目的地に近づくにつれて空が明るくなり吾妻公園の駐車場に着いた頃には雲ひとつ無い晴天になりました。
早速登山の準備をしましたが、今の季節長岡には無い日差しで、防寒着を脱いで登り始めました。地面はカラカラに乾燥しており、下山してきた人に積もった枯葉で足を滑らせないように言われたので、気を付けて登りました。登山道の途中に一方は急な「男坂」、もう一方はなだらかな「女坂」という「分岐・合流」か所が2か所あり、最初は「女坂」を次は「男坂」を登りました。登山者は老若男女、幼児や犬を連れたりした人が次から次へと登ってきて、1日に6回も登る人もいるということで、本当に地元の人に親しまれている山だなと感じました。
登り始めて1時間ほどで頂上に着くと頂上からは、かすんでいましたが遠くに「富士山」「スカイツリー」を望むことができました。30分ほどの昼食休憩後下山しました。
帰り道いつもであれば日帰り温泉で登山の疲れを癒すのですが、近くの「みどり市」にある肢体不自由者の口筆詩画家で有名な星野富弘氏の「富弘美術館」に立ち寄ろうということになり、芸術の世界で目と心の保養をして、雪国長岡へ戻りました。


吾妻山看板
案内図

吾妻山頂上から
頂上から市街地を臨む
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   会山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[1]   

~ Comment ~

行きたかったぁ 

当日は、用ができて行けずじまいでした。
暖かい陽の降り注ぐ下を歩きたかったです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【御岳山(306m)】へ
  • 【三ッ峠山】へ