長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
会山行

三ノ峠山(469m)

 
 ←2月 会山行のご案内    市営スキー場に続く地元の山へ →3月  会山行のご案内 米山(933m)
(山行日) 2015年2月15日(日)
(メンバー) 片桐 竹田 井上 久保 高橋 源川 安達 横山 山田 斉藤 近藤 梶山(記録)
(コースタイム) 8:00市営スキー場P8:10ーーー8:50見晴台8:57ーーー9:47友遊小屋10:05ーーー
10:15三ノ峠山10:25ーーー10:57スキー場上部ーーー11:05リフト終点11:10ーーー11:30ロッジ

長岡市営スキー場駐車場に予定通り集合。14名の参加が風邪等で12名となり、いざ出発。ワカン、カンジキ、スノーシュー、ツボ足と、足元はバラバラに賑やかに登り始める。地元の里山だが5名が三ノ峠山が初めて。まずは牧場の見晴台を目指す。途中、クロカンコースでは中学生大会が開催されており、父母の方達が昼の味噌汁準備に大忙し。ブナ平コースを左に分け夏道通りに進む。牧場に出た頃は天気も回復状況。すぐに見晴台に到着。頂上直下の友遊小屋が臨まれる。若者のスノーシューグループが朝食の準備にかかっていた。小休止後、すり鉢状態の杉林を登り進む。ツボ足でも快適かな?遥か後方に真っ白な弥彦山がうっすらと確認できる。ナラの木が多くなると小屋も近い。小屋が見えたあたりで急に地吹雪となる。ゴーグルで正解だった。カモシカらしき足跡を発見。強い風の中、友遊小屋に到着。入口のサッシが凍っていてやっと中に入れた。誰もいない。火は無いが暖かくホットできた。10分くらい休憩して頂上を目指す。風の通り道だろうかかなり強い風に雪が舞う。頂上に到着したら不思議に風がなくなっていた。積雪計は2m40㎝。例年より少ないとのこと。青空も見え始める。記念写真を撮り、下山にかかる。男性二人の若者とすれ違う。ブナ平コースを登って来たらしい。右手に鋸山がどっしりと構えている。何年か前に会山行で風谷山経由で鋸山に登頂した苦労話に花が咲く。杉林の下りを進むとポッカリとスキー場の真上に飛び出す。下界は快晴。今日のゲレンデの雪質は最高!うらやましい。後はゲレンデの脇を下山する。ロッジ脇で昼食を食べて解散した。
※リフト降り場でホットしているとスキーのおじいさん(失礼!おとうさんかな?)が人懐っこく話しかけてきた。三条の木戸さんと名乗っておられた。実はこの方、素晴らしい山の達人だと言うことを、帰宅してから知って大変ビックリした。木戸賢吉さん著「青春は遥かなる稜線に」。興味のある方は是非お読みください。


見晴台です
木製の見晴台


雪の中を
静かな雪道


カモシカ
カモシカらしき足跡


小屋に到着
友遊小屋到着


頂上を目指し
頂上を目指し


頂上は晴れ
いきなり無風状態の頂上


鋸山
長岡のシンボル鋸山


下山
スキー場目指して下山


スキーのウエ
風が強いが下界は快晴


ゲレンデの
上等の雪質でスキーヤーがうらやましい・・・

スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   会山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[1]   

~ Comment ~

やっぱり、写真ですね 

三ノ峠、初めてでした。
たいした関心もなかったのですが、冬の運動と思い参加しました。
いやあ、きつかったです。
なめんなよ、三ノ峠でした。
写真で振り返ると、実にいい光景ですね。
鋸山がいいですね。
また、来年も行きたいです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【2月 会山行のご案内    市営スキー場に続く地元の山へ】へ
  • 【3月  会山行のご案内 米山(933m)】へ