長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
会山行

米山

 
 ←弥彦山(634m) → 太郎山(1164m)
(山行日) 2015 年3月22日
(メンバー)Y 、Y、S、K、K、T、T
(コースタイム)
長岡IC出発6:15-西山IC出発6:30-登山口(大平)着7:45-登山出発8:00-ロマンスヒル9:15/9:35-山頂11:10/12:05-ロマンスヒル13:43-登山口(大平)着14:30-温泉(ぴあパークとうりんぼう)-解散

長岡IC集合、西山ICでY さんが合流、米山SAでしばし休憩して、大平登山口に到着。少しかすみが掛かっているが無風でまずまずの天気、よい登山になりそうな予感がする。1週間前に登ったYさんの助言でカンジキは置いて出発! 集落を過ぎるとすぐに杉林、途中傾斜がきつくなり始めたとこでアイゼンを装着する。今年は雪が多かったためか雪の重みで幹が折れている木が目立つ。40分程で稜線に出る。まんさくの花が満開である。ロマンスヒルに到着。ここで1m程の積雪である。しばらくして標高711mを通過、ここから細尾根伝いが始まる。一部では尾根の両側の雪が崩落して平均台の上を歩くような感じである。ところどころで雪庇(写真)になっており、Yさんから内側を歩く指示がでる。緊張が続く1km近い尾根伝いである。細尾根を終えて休憩、多くの人に抜かれる。でもほとんどの方がYさん知り合いとはこれもまた驚きである。ここからきはれいなブナ林が広がるがかなりの急斜面である。ここががんばりどころである。登り切って、しばらくすると山頂が近くに見える。振り返ると渡ってきた細尾根が続いているのが見える。ついに登頂の山小屋に到着。西の海側から風が吹くので雪庇は東側に張り出ている。亀裂が入り始めているので崩落は間近と思われる。注意、亀裂より先に行かないこと。昼ごはんを小屋の中でとり、お堂の前の碑で集合写真(写真)をとり下山開始する。残雪の下りは雪も緩み軽快である。そしてまた細尾根である。ちょっと気が緩んだのか少し危ない場面もあったが無事に通過。途中、Yさん提案で、雪の斜面を滑落した想定でそれを引き上げる訓練を実施した。ザイルで引き上げるには3人は必要、一緒に手伝ったので記録係の役割を忘れて写真はなし。途中、ちょっと道迷いもあったが、そのまま順調に登山口まで下山できた。温泉で疲れを癒して解散、気持ちのよい登山だった。

折れた木

痩せ尾根1


痩せ尾根

ぶな林

小屋まじか


雪庇2


雪庇


展望


国道からのよねやま
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   会山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【弥彦山(634m)】へ
  • 【 太郎山(1164m) 】へ