長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「会規約」
山行規約

山行規約

 
 ←規約 →活動紹介
第一章 
目的 この規約は、会及び会員がおこなう山行に関する取り決めを定めます。
第二章 
山行規約
1 この規約は、たのしい登山をおこなう為の基礎である、遭難防止を目的とした必要な事項を定めたものです。 遭難防止は最終的には本人の努力が基本です。
2 会山行の実施に当たっては、担当リーダーは計画書を作成し、山行部長の承認を得て運営委員会に提出しなければなりません。
3 個人山行をおこなう場合は、原則として一週間前までに、登山計画書を山行部長に提出し承認を得なければなりません。事前に山行を中止した場合、又は内容を変更した場合はそのむね連絡しなければなりません。
4 下山したら直ちに電話により下山報告をしなければなりません。連絡先は山行部長又は所定の所とします。
5 山行後は、すみやかに登山報告書を山行部長に提出しなければなりません。
6 山行においてはリーダーが全責任を負い、参加者はリーダーの指示に従うこととします。
7 別途に定める心得を順守し、楽しい山行になるようにしましょう。
8 山行部長の承認を得ていない山行は本規約の適用対象外とします。
第三章 
遭難対策
規則
1 遭難時は、適切な処置(応急処置、再発防止、警察への救助依頼など)後、すみやかに山行部長に、その内容を連絡しなければなりません。
2 遭難救助活動の責任主体は、当事者とする。ただし、会もできるかぎりの協力をするものとする。
3 遭難に要した一切の経費は、原則として当事者の負担とします。
4 一切の終了後、報告書を作成する。
第四章 
遭難対策特別積立金の運用規則
1 この積立金は、会員が遭難した場合の行動資金への貸し出し、及び会の行動資金にするとともに、会の遭難対策活動の充実を目的とする。
2 本積立金の収入は、会の財政からの積立金、その他による。
3 この積立金の運用は、遭難発生時における諸経費への貸し出しと、会の遭難対策を目的とした活動への支出とします。
4 貸し出しは、本規約に基づく山行に限ります。
5 借りた積立金は、後日すみやかに返却しなければなりません。ただし、運営委員会の判断により、返却を免除することができます。
6 本積立金の会計年度は会の会計年度と同じとし、総会時に会計報告をします。
第五章 
遭難対策基金への加入に関する規則
1 会員は労山遭難対策基金に1口以上加入しなければならない。
新入会員は入会後すみやかに加入手続きをとらなければならない。
第六章
付則
1 運営委員会は登山活動に関する心得を作成することができます。会員は登山心得を順守し、楽しい山行にな ように心がけましょう。
2 山菜取り、渓流釣りに関しても、登山計画書を提出し承認を得たものは本規約の対象とします。
3 この規約は、1971年7月11日から実施します。
  1980年11月8日、1990年4月4日、1991年4月3日、1996年4月3日 一部改定
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【会規約】
もくじ   3kaku_s_L.png   山行規約
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【規約】へ
  • 【活動紹介】へ