長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

白山

 
 ←摩 耶 山  (1019m) →弥彦山(634m)
(山行日)2015年6月13日14日
(メンバー)S、他3名
(コースタイム)
別当出合9:30-甚之助小屋10:20-室堂13:30/14:00-山頂14:50/15:10-室堂15:50(泊) 室堂5:50-殿ヶ池小屋6:45-別当坂分岐7:45-別当出合8:50

関東甲信が梅雨いりした。梅雨のあいまで、天気予報は曇り時々晴れである。雨にあたらないことを祈って長岡ICを5時に出発した。登山口の別当出合まで約330km、4時間の道のりである。登山シーズンになると乗り入れ規制が入り、手前のビジターセンターからバスになるが、6月はまだ規制はなく登山口駐車場まで入れる。それでも200台の駐車場は半分程度埋まっている。信仰の山、登山口には大きな鳥居がある。それをくぐるとすぐに長いつり橋、そのあとは石段の登山道である。中飯場を超えると登山道に残雪が増えてくる。甚之助小屋周辺は大きな雪原とりなり、勾配もきつい。小さな沢も残雪で埋まっているので、横断には少し神経を使う。雪は緩くなっているのでアイゼンは必要ない。つづら折りになっている石段を登りきると、登ってきた砂防新道と反対側の観光新道との合流点、黒ボコ岩分岐である。南に残雪の別山がそびえる。残念ながら遠くの展望はよくない。残雪に覆われた湿原(写真:弥陀ヶ原)を越えると今日の宿泊の室堂である。少し休憩して山頂を目指す。1時間ほどで山頂、御前峰、白山の最高峰である。お参りをして室堂まで下山する。6月末までは素泊まりのみである。外で夕飯を取るが、寒さで早々に小屋へ戻る。明日ご来光が見られることを期待して20時前に就寝する。朝4時になっても起床の太鼓がならいので外に出ると霧で山頂が見ない。ご来光はあきらめて朝食の準備をする。外が急に明るくなったので外に出ると霧は完全に晴れている(写真)。出発前に雲の隙間から日が差す。下りは観光新道を通る。登山道は花がいっぱい、特にミヤマキンバイのオレンジ色が登山道を彩っている。残雪の急坂を慎重に下り、登山口、別当出合に到着する。途中、白山温泉、展望の湯で汗を流して一路帰宅につく。


白山室堂鳥居
白山室堂鳥居


阿弥陀ケ原
阿弥陀ケ原
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【摩 耶 山  (1019m)】へ
  • 【弥彦山(634m)】へ