長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
会山行

霧ヶ峰(募集山行)

 
 ←霧ヶ峰 →守門岳
(山行日)2015年7月25、26日
(メンバー) 会員16名 一般参加16名
(コースタイム)
7/25(土) 長岡東口13:10⇒長岡IC⇒北陸道~上信越道~長野道~中央道
(途中休憩箇所 米山、妙高、姨捨、みどり湖) 諏訪IC16:50⇒宿17:28
7/26(日) 宿7:10⇒車山肩バス停7:20ー車山山頂8:20~8:35-車山乗越8:53―
蝶々深山9:15~9:30ー物見岩9:50~10:05-公衆トイレ10:35~10:50-七島八島11:15昼食ー八島バス停(ビジターセンター)12:00⇒上諏訪温泉・片倉館12:40~14:00⇒諏訪IC⇒中央道~長野道~上信越道~北陸道(途中休憩箇所 姨捨、妙高、米山)長岡IC⇒長岡東口18:16
山行記録
朝から上天気。6時朝食。集団キャンプの子どもたちの楽しそうな鬼ごっこの声を聞きながら準備運動の後、バス乗車。車山肩バス停に着く前から大きく富士山が見えてくる。7:20バス停到着。トイレを済ませるなどして出発。車山頂上目指して緩やかな道を登る。正面に富士。右方向へと仙丈ヶ岳、御嶽山、乗鞍岳、穂高連峰、槍ヶ岳、後立山連峰などが見えてくる。また、少し高度を上げると富士の左方向に八ヶ岳、そして昨年の募集山行の蓼科山。途中の斜面の草地には、テガタチドリ、エゾカワラナデシコ、シシウド、ノアザミなどが目立った。
車山頂上からは、全方位が明瞭な視野で立山、さらに火打山、妙高までが見えた。この素晴らしい眺めはそれだけで、もうこれ以上望むこともなし。気象レーダーのドームのわきを抜けると車山神社。お礼参りで担ぎ上げられた車山神社のための御柱が建立されていた。
呼べば答えそうな距離感で蓼科、眼下の白樺湖。登りだったらさぞかし、きついであろう、階段状の降り道。車山乗越からは登山らしい登り道。正面の御嶽山、穂高連峰、美ヶ原を眺めながら歩く。八島までの道中では、柵内で保護されたニッコウキスゲがあり、終点近くの八島ヶ池水辺ではアカバナシモツケ、ヤナギランも目を引いた。予定より2時間も早く八島に到着。それでも、まだ早いが11時15分に昼食休憩。
諏訪市などは33℃位の予想気温だったと思うが、山上は、強い日差しもなく、汗も出ず、さほど喉が渇くわけでもなく、実に快適であった。なによりもずっと、遠方の景色、近くの緑と草花、青い空が、霧ヶ峰こんなにいい所だったとは、という感嘆の声が絶えなかった。そして、夏休み序盤の休日にも関わらず、登山者は予想とは大違いに少なかった。そうしたこともあってか、速い下山で入浴も楽々して明るいうちに長岡に帰りつくことが出来た。
統括責任者のT山行部長、会計担当のTさん、ドライバーさんとの連絡調整のYさん、リーダー、サブリーダーのみなさん。そして、行動中に「もうすこし、ゆっくり」、「山並みを解説して」「写真を撮らせて」など、折々に声を出したり、説明をしてくれたりという会員のみなさんの活躍が、全員の行動に「楽しんだ」という感慨をもっていただけと思う。ありがとうございました。

ウスユキソウ

霧ヶ峰1

霧ヶ峰2

富士

スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   会山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【霧ヶ峰】へ
  • 【守門岳】へ