長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

南アルプス(白根三山•仙丈ヶ岳)

 
 ←常念岳•蝶ヶ岳 →唐松岳
(山行日) 2015年8月8日〜8月11日(3泊4日小屋泊)
(メンバー)S単独
(コースタイム)
8/8(土) 広川原7:50-八本歯コル12:10-北岳山頂13:55-北岳山荘15:20 8/9(日) 北岳山荘6:15-間ノ岳7:55-三峰岳8:55-野呂川越11:15-両俣小屋12:00 8/10(月) 両俣小屋5:00-野呂川越5:50-大仙丈ヶ岳10:15-仙丈ヶ岳11:00-北沢峠14:15 8/11(火) 北沢峠5:15-双児山7:00-駒津峰7:45-甲斐駒ヶ岳9:05-仙水峠11:30-北沢峠12:40

8/7(金)、夜10時過ぎに長岡を出発。途中仮眠を取りながら8/8 (土)早朝5時過ぎに南アルプス林道バスの発着所である仙流荘の駐車場に到着する。既にバス停には登山者の列ができている。28人乗りの小型バスでのピストン輸送、北沢峠で別なバスに乗り換えて、8時に広川原に到着する。大樺沢を八本歯コルまで1時間歩いて5分休みの順調なペースで進み12時過ぎコルに到着。晴天で日差しはきついが標高が高いのでそれほど暑くない。沢にはまだ少し残雪がある。空気が薄いためか、疲れが出たためか、ここから力が出ない。20分毎に休みを入れて、14時、北岳山頂に到着する。うす曇だが視界は良好、奥多摩、北アルプス、中央アルプスが見渡せる。明日予定の間ノ岳も間近にそびえ立つ。15時半。北岳山荘に到着する。布団1枚に2名、夕飯は6回に分けて、かつ、お代わりなしの大混雑である。8/9(土)、早朝、雲海の中からのご来光(写真)、昨日見えなかった富士山もくっきりと見える。2時間程で間ノ岳に到着する。そこから北に方向を変える。1000m程下った後は、小さくアップダウンを繰り返す。北岳小屋を出発して約5時間、野呂川越の分岐である。尾根を下り40分程で野呂川にぶつかる。ここが今日泊まる両俣小屋である。野呂川は釣りで有名とのことで今日も5人程が竿を持っていた。ここは縦走路の中間で人通りは少ない。昨日とは違い大の字で快眠できた。8/10(月)、今日は一番の長丁場である。朝5時出発、まずは野呂川越まで登り返しである。その後は、一路北を目指す。樹木帯から時より仙丈ヶ岳の姿が見える。背中に当たる日差しが相変わらずきつい。耳裏が痛いと思ったらひどい日焼けである。二日間ずっと背中側に日を浴びていたためである。大仙丈ヶ岳についたころから雲が出始める。途中、雷鳥が登山道を横切っていく。ほどなく仙丈ヶ岳に到着である。予定より少し早めなので、予定を繰り上げて北沢峠まで降りる。14時過ぎの到着、出発から9時間超である。今日はこもれび山荘に宿泊、まだ体力は持ちそうなので明日は甲斐駒ケ岳を往復することを決める。8/11(火)、5時過ぎに出発、ほとんどの人が出発して小屋はがらんとしている。双児山経由で駒津峰へ、そこから直登コースを通り、駒ケ岳山頂へ。残念ながらかなり雲が出始めて視界はよくない。帰りは、駒津峰から仙水峠経由で北沢峠に下山する。バスで仙流荘まで戻り、温泉で4日間の汗を流して帰途へつく。今回の山行の目的は、ひとつは日本で2番目に高い山、北岳に登ること。30年前から思っていたことである。もうひとつは、長期縦走に耐える体力がまだあるのかを確認すること。3日目になって筋肉痛が出たのは驚きだが、程度は軽く、小屋泊まりならまだ縦走は大丈夫そうである。

20150817230150aee.jpg

スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[1]   

~ Comment ~

アルプス縦走最高ですね。 

霊峰富士を眺めながら白根三山縦走最高ですね。私も来月休みをとって、是非南アルプスへ行きたいと思います。山小屋は混雑しているようですので、幕営も考えてみたいと思います。v-7
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【常念岳•蝶ヶ岳】へ
  • 【唐松岳】へ