長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

七ヶ岳

 
 ←浅草岳 →木曽駒ヶ岳・宝剣岳
(山行日)2015年8月9日(日)
(メンバー)K、T、S、T(記録)
(コースタイム)
長岡 5:00⇒6:00 大白川⇒8:05 羽塩登山口→11:30 七ヶ岳 12:00→14:25 高杖スキー場 ⇒16:00 羽塩登山口⇒きらら温泉⇒19:30 長岡

朝4時50分携帯が鳴り、Kさんが家の前に迎えに来てくれている。Tさん宅でSさ んも来ていて全員揃って出発。石峠を抜けて大白川へ。私は早くにパンを食べて便意があって目 を白黒。快適なクーラーがお腹にきつい。大白川の駅のトイレで済ませてスッキリと一安心する。

田子倉ダムを経て南会津町へ。8時5分羽塩の登山口に着く。白樺林の中をゆっくりと登り始 める。色々なキノコが目に付く。もう確実に秋は始まっているのだ。やがて岩床の沢登りが始ま る。巻かなければならない滝が無くて不思議な程に上に続く。引っ掛かりや平らな部分を探して、 転ばない様に注意して登る。石はザラ石で滑らないが、コケが着いている所は意外に滑る。先頭 のKさんが一回くるりと滑って転倒してしまった。沢の脇に黄色のタマガワホトトギスが咲き 始めている。赤いミズが旨そうなので休憩の間に採り始め、Tさんにも「どう」と誘うが、「今 日はいい」と、写真撮りと登りに気がいっているよう。段々と日差しが強まって暑さがこもって くる。

1時間半の沢登りも終わり、ようやく尾根道の出合いに着く。少しずつ四方の景色も見えだし、 元気も出てくる。帰りはこの道は無理だねということで、下岳方面のコース、と話し合う。やが て急登となり、岩やシャクナゲの根っこに助けられて進む。Kさんの後を若いSさんが「ヒ ョッ、ヒョッ」と声を出しながら木をまたいで登って行く。ガレ場に着いて間もなく頂上に着く。

標高が高い訳ではないが、豊かな山並みが幾重にも取り巻いている様は、会津の山深さを感じ させて荘重である。30分休憩・食事にしようということで写真を撮り終えるとヒョッコリと中 年女性が現れる。福島市から車3台の16人パーティーだそうだ。やがて続々と到着して山頂は 大賑わいに。高杖スキー場からのコースから来たと聞いて、帰りのコースを更に変更して同じ方 向にしようと決めて、写真撮影のシャッター切りのサービスをしながら、スキー場から羽塩の駐 車場まで送ってもらえないかと話の誘いをかけるが駄目。諦めて12時に頂上を出発。

50分でスキー場の上部登山口に着く。但し、ここからスキー場用の作業道路(ガラガラ道) を延々と1時間も歩かされる。つづら折りの山陰の道脇で咲くヒヨドリの花群にアサギマダラが 数多く羽を休めているのが気休めになった。14時25分ようやくホテル前に到着。ホテル脇に 白樺の湯があり、早速といった所だが着替え用具一式は羽塩の車の中。恨めしく思いながらホテ ルより電話でタクシーを依頼。中々来なくてやきもきする。タクシーで40分、8千円で羽塩の 登山口に戻る。朝休憩を取った山口の道の駅で「きらら温泉」に入り帰路に着く。

今回は思いも寄らぬ難しい沢歩きでルート変更を余儀なくされ、変更コースの道路接続がガイ ドブックにも載っていなくて不安があったため、安全なスキー場への帰路をとったことは正解で あった。あの恨めしき団体に出会わなければ大変な目に遭っていたかもしれず、色々と考えさせ られた山であった。

201508202157230a6.jpg
歩きはじめはシラカバ林が続く

20150821221838b67.jpg
ずっと続く平滑沢

2015082022161057c.jpg
急登の岩場

20150820215626135.jpg
「賽の河原」を登ると山頂

20150820215515f40.jpg
下山中、振り返って見る七ヶ岳の全容
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【浅草岳】へ
  • 【木曽駒ヶ岳・宝剣岳】へ