長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
会山行

木曽駒ヶ岳・宝剣岳

 
 ←七ヶ岳 →平標山

(山行日)2015年8月22〜23日
(メンバー)
(コースタイム)
木曾駒ケ岳・宝剣岳
8/22(土)6:10長岡ICP⇒上越経由・駒ヶ根IC⇒黒川平駐車場⇒10:46バス⇒
11:30駒ヶ岳ロープウェイ⇒11:37千畳敷12:20~13:26乗越浄土~宝剣山荘13:56~
中岳~14:43木曽駒頂上15:00~16:00宝剣山荘(泊)
8/23(日)6:10山荘~6:30宝剣岳頂上~7:36三ノ沢分岐7:47~8:00極楽平~8:40千畳敷~
     9:40駒ヶ岳ロープウェイ⇒9:50バス⇒10:30黒川平駐車場⇒こぶしの湯14:45⇒
駒ヶ根IC⇒上越経由・長岡ICP16:30

曇天の下、一路駒ヶ根市を目指す。夏休み終盤につき相当の混雑と思ったが、そうでもなく、駐車場はマイカー規制終点の黒川平駐車場まで進入。バスは、臨時便を出していてすぐに乗れた。
ガスに煙る中をゴンドラは千メートル近い標高差を稼ぐ。途中の滝などが見事。終点駅は空いていたので、カロリー補給をし、雨具の装着を済ませて出発。建物周辺は風とガスでくじけそうだったが、遊歩道を行くにしたがって、露も風もなく、雨具を付けた者は途中で雨具をしまった。乗越浄土あたりまで様々な花があった。よそで見るより小ぶりのものなどあって、同じ花であってもこんなに違うかと、人の話に共感する。
宝剣山荘前で休憩、その間に宿泊手続き。こうして到着順にいい寝場所が確保できるであろうと。やがて、中岳だが、行く手左右に岩が重なり合いいずれも頂上のように見える。中岳を下り、登り返して木曽駒頂上に到着。その途中、コマクサを見る。その並びや間隔から移植では、という声も。濃い赤紫が目立つコマクサが珍しく思えた。山頂の方位盤は山の形が良くわかるものの山名を刻んだ文字はすっかりと消え失せていた。雲海の上に出た御嶽山が近い。噴煙も3本見えた。小屋に戻りまだ高い陽の下でゆったりと夕食前の時間を過ごす。結局、夕方まで、雲、雲、雲で近くの宝剣岳、空木岳などを目にするだけであった。夕食は5時。日没のきれいな時間帯。食後も明るく散策などの人多し。私たちの寝所は、3階屋根裏の大広間。部屋の端っこで中央の階段を使うには人の足を誤って踏んでしまうかと大変不安に。しかし、反対に人から踏まれる心配はなく、まあ、いいか。8時前には静まり返った大部屋。ひそひそと飲んでいた私たちもおしまいにして寝床に。
朝、日の出を見ようという人たち、早立ちの人たちの起床で大部屋のほとんどの人たちが起きて支度やら身繕いをする。時刻は4時前後。窓ガラスを開けて見る外は、1階の小屋の明かりに照らされて、雪が積もった地面のように白く見える。そして、空中にはガス。朝食時刻の5時頃には、空に赤みがかかると同時にどんどんとガスがなくなり、美しい青空となり、素晴らしい日の出を予感させる。宝剣岳は天狗岩など、空中のあちこちに突き出した大岩が多く、緊張感が高まる。案の定、ドキドキしながら両手を使い、足場をしっかりと確認しながらの宝剣越えであった。宝剣頂上ではわずかな平らの狭い所に立つ人もいる。Yさんもその1人。千畳敷は常にそこにあり近い。時間的には短いがいいコースだった。思ったより人出も少なく順調だった。

20150826213733d6e.jpg
千畳敷から乗越浄土へ

201508262136147dd.jpg


201508262138104e2.jpg
色鮮やかなコマクサ

201508262136495fb.jpg
中岳から宝剣岳


スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   会山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【七ヶ岳】へ
  • 【平標山】へ