長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

北岳(3193m) 間ノ岳(3190m)

 
 ←南アルプス 北岳(3193m) →守門岳(1537m)
(山行日)2015年9月13〜15日
(メンバー)K他3名
(コースタイム)
9/13 長岡 6:54=八王子 9:50/10:08=甲府 11:13/12:00=広河原 13:50/14:00・・・16:30 御池小屋

9/14 御池小屋 5:45・・・大樺沢二俣 6:10・・・上部二俣 7:15・・・八本歯のコル 8:15・・・9:18 北岳山荘

9:37・・・11:25 間ノ岳 12:00・・・13:20 北岳山荘 13:35・・・14:48 北岳 15:10・・・15:35 肩の小屋

9/15 肩の小屋 5:50・・・7:10 二俣 7:25・・・9:08 広河原 10:00=芦安 13:00=13:50 甲府 14:31=塩尻

15:36/15:54=長野 16:55/17:28=上越妙高 17:50/18:14=19:39 長岡

湧き立つ雲を眼下に 3000mの稜線漫歩

念願の北岳に登った。8月末の予定を天気の加減で延期したのだが、それが見事に当たって、最高の秋天登山となった。
広河原を 14 時に出発。この時間の登山者は、後から追いついてきた女性一人。到着時間を心配しながら、シラビソの森の急坂を登る。急ではあるが、道幅が広く登りやすい。2時間ほどでト ラバース道に入り、16 時半に白根御池小屋に着く。明るい雰囲気のいい小屋だ。部屋にザックを 置き、早速外に出て、鳳凰三山を肴に到着の酒宴。

14 日 5:45 出発。快晴。小屋の背後の北岳山頂部が朝日に輝いている。トラバース道を歩き、大 樺沢二俣に出る。大きく広がる沢の上部に北岳が大きくそびえている。一休みし、急な沢筋の道 を登る。登るにつれ、バットレスがのしかかるように迫ってくる。上部二俣から斜度がどんどん きつくなり、丸木のはしごが連続する。8 時 5 分、八本歯のコル到着。前方に北岳山荘、その先に 間ノ岳がどっしり控えている。目を左に転ずると、雲海の向こうに富士山。岩場ルートを足元に 注意しながら登り、トラバース道に入り、9 時過ぎに北岳山荘に到着。一服し、間ノ岳に向かう。 左手、雲海の上には富士山が常に端正におさまっている。登山道は霜柱が立ち、それがとけて道 ににじんでいる。10 時 15 分中白根山。一休みし、11 時 25 分に間ノ岳に到着。抜群の展望。東に 富士山。前方には農鳥岳、塩見岳、さらに南に赤石の山々が延々と連なっている。風が強い。「安 倍政治を許さない」を胸に記念写真。帰路は雄々しく豪快にそびえたつ北岳を正面に、遠く雲海 に浮かぶ中央アルプス、御嶽、乗鞍、穂高・槍、八ヶ岳を見ながらの 3000mの稜線漫歩、まこと にぜいたくな山行だ。

北岳山荘に戻り、一服。疲労がだいぶ足に来ている。最後の踏ん張りとたがいに声をかけて出 発する。東側から雲がどんどん湧き上がってくる。急登を一歩一歩踏みしめるように登り、14 時 48 分に北岳山頂にたどり着く。ガスが上がってきて、周囲の展望はなくなり、「北岳に来ただけ」 などとじゃれつつ、ここでも「安倍政治を許さない」の記念撮影。展望が利かなくなっても、満 足感でいっぱいだ。15 時 35 分肩の小屋に到着。

15 日 4 時半起床。5 時 25 分ご来光。雲海に浮かぶ富士が紫に変化していく。甲斐駒、仙丈が 登頂意欲をそそるように目の前に輝いている。5 時 50 分出発、二俣に出て、大樺沢を下り、9 時 8 分に広河原到着。乗り合いタクシーで芦安へ、温泉で汗を流し、生ビールで山行の喜びを確認。


富士



間ノ岳



北岳



千丈
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【南アルプス 北岳(3193m)】へ
  • 【守門岳(1537m)】へ