長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
会山行

金城山(1380m)

 
 ←苗場山(小松原湿原) →稲含山
(山行日)2015年10月18日(日)
(メンバー)会員7名
(コースタイム)
長岡ICP 6:30⇒7:10六日町IC⇒7:30観音山コース登山口7:45→9:40五合目9:50
→10:55滝入コース分岐11:05→12:15金城山12:20→12:35金城山最高地点
→12:50金城山13:15→14:00滝入コース分岐→14:55五合目15:05
→16:25観音山コース登山口16:35⇒16:42金城の里(入湯)17:30⇒六日町IC⇒19:30長岡IC

山頂一帯は絶景
“こぶし遊歩道”と書かれた鳥居の様な標識をくぐって、観音山コースを登り始める。2合目までは遊歩道となっており、ここには石仏群が並んでいた。正面に金城山を、左方向に坂戸山や六日町の町並みを見ながら登る。やがて坂戸山を斜め上から見下ろす頃になると、越後三山が眺められる様になった。振り返ると薄らとした苗場山、それに雲が掛かっている谷川方面が見える。
5合目の手前と7合目の先に急斜面があった。足場が無く(階段状になっていない)、平面的な岩場の斜面です。ロープやクサリにしがみつき、腕力を使って登る。濡れていなくて良かった。下りが思いやられた。9合目の先に、4年前の豪雨によると思われる大崩落箇所があった。登山道下がえぐり取られた様になっており、平行して別の道がついていた。
登り詰めた山頂は狭い岩峰の上で、足がすくむほどであった。ここで集合写真を撮った後、少し離れた金城山最高地点まで行ってみることにした。避難小屋先の湿地らしき所と思われるが、雑木で覆われ標識も無かった。山頂一帯は露出した巨岩が並び、そこに紅葉が掛かり、絶景を創り出している。ただ残念だったのは、山頂から巻機山をじっくり見られなかったこと。登った直後には全景が眺められたが、直ぐに雲が湧いてきた。
8合目を頂上と決めた3人グループ、岩壁の降下訓練に来たという若い救助隊員、途中で沢山のナメコを採った人、など休日で天気が良かったこともあり、多くの人が登っていた。標高の割には登り甲斐のある山だった。間違いなく筋肉痛になるだろうと思った。
下山後の温泉は、近くの金城の里とした。

山頂の岩峰群
山頂の岩峰群

岩壁と紅葉
岩壁と紅葉

山頂標識が立つ岩峰への登り
山頂標識が立つ岩峰への登り

?????????? と見事な紅葉
岩峰の上で休む登山者と見事な紅葉
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   会山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【苗場山(小松原湿原)】へ
  • 【稲含山】へ