長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

相馬山(1411m)

 
 ←相馬山(1411m) →三ノ峠山
(山行日)2016年1月16日(土)
(メンバー)Y、他1名
(コースタイム)
1/16 自宅 6:25⇒関越自動車道⇒渋川伊香保 IC⇒県営グラウンド駐車場登山口 10:10→磨墨岩 →11:57 相馬山 12:40→ヤセオネ峠登山口→13:55 県営グラウンド駐車場登山口⇒自宅

 会山行に町内の予算総会、新年会がぶつかり参加出来なかったので、個人で計画した。
 1月16日、6時半前に自宅を出発、長岡は小雪模様だったが、関越トンネルを抜けると、まばゆい陽光を浴びた。川端康成の「雪国」の逆だ。伊香保温泉を抜けるとつづら折りの急坂が続く。霜が降りていて路面が真っ白で凍っているようなので、スリップしないように慎重に運転をする。登山口に着き、尾根通しの道を登る。「関東ふれあいの道」になっていて階段を除けば遊歩道で気持ちよく歩ける。途中で狐らしい動物の姿を見た。
 磨墨岩に立ち寄る。岩の上から榛名山や榛名湖、外輪山が箱庭のように眺められる。
分岐から相馬山の登りになる。長い梯子や鎖があり慎重に登る。山頂には神社の建物があり、中に入られる。いざという時はここに避難出来るのでは。山頂からはやや霞んでいたが、遠く富士山や南アルプス、真っ白な浅間山などを望むことが出来る。分岐まで降りてヤセオネ峠に向かう。程なくヤセオネ峠の車道に出て、真っ直ぐな車道を登山口まで戻る。
 帰りに榛名湖に立ち寄った。ここに20代前半の頃、季節は夏だったが、友人と訪れたことがあり、湖畔を散策したりボートに乗ったりした懐かしい思い出がある。40年ぶりに再訪した。
 帰り道の伊香保温泉に向かう下り坂で対向車がスリップして対向車線をはみ出してこちらに向かってきそうになって緊張した。伊香保温泉の「黄金の湯」につかり温まって帰路に就いた。

磨墨岩から見る榛名山と榛名湖、外輪山
磨墨岩から見る榛名山と榛名湖、外輪山

沼ノ原から見る相馬山
沼ノ原から見る相馬山
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[1]   

~ Comment ~

NoTitle 

富士山が見えてよかた。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【相馬山(1411m)】へ
  • 【三ノ峠山】へ