長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

鳴倉山(578.4m)

 
 ←米山(993m) →三ノ峠山
(山行日)2016年4月3日(日)
(メンンバー)K(単独)
(コースタイム)
自宅7:00==8:00大沢口8:05――小西台8:45――9:25山頂9:40―――-大沢口10:30==(六万騎山)==自宅13:05

 大力山の隣にある鳴倉山は、以前から見ていました。山頂まで林道があり、山頂はハングライダーの基地になっています。そんな山に登る気は全く起こりませんでした。あるとき、三ノ峠で知り合ったSさんが「鳴倉は魚沼の展望がよく、いい山だよ」と言います。そんなら試しに登ってみるか、と思ったわけです。
 道の駅「深雪の里」の東に「鳴倉山登山口へ」の道標があり、杉林の中に、車が数台止められる駐車場がありました。誰もいませんが、登山靴に履き替えて(実は雪もあるだろうから長靴にしょうと思っていたのですが急坂の登山道を見て履き替えました)、「突き分けコース」の道標のある胸突き八丁の急坂をいきなり登ります。
 ブナの林を登り、灌木の間に開かれた、段差のない平坦な急坂が続きます。息を弾ませては休み、登ります。カタクリのつぼみが敷き詰められています。淡いピンクのイワウチワがもう咲いています。タムシバも咲いています。長岡よりも季節が早いようです。急な所はロープもあり、40分ほど登ってようやく小西台のピーク。一息入れてまた急登が続きます。雪の上も登ります。やがて細長く広々とした山頂部。360度の展望。下権現堂から上権現堂、唐松の山並み、振り返ると白い魚沼三山がくっきりと、巻機や苗場、米山、鋸など、遮るものはありません。隣の大力山のあずまやが見えます。大満足です。
 下山は「明神コース」、こちらも尾根歩き、眺望を楽しみながらの下山です。「おとみ坂」「つつじ尾根」「見晴の松」「十二山の神」などの標識が整備されています。道はいい、急な所にはロープもあり、下りやすい。やがて杉林の中を下ると登山口です。一人も会いませんでした。
 *もう少し経つとカタクリやツツジなどの花が多く咲く山だと思います。
 *登りも下りも尾根歩きですから、常に展望が良い。
 *展望もよく、花もあり、登山道もよく、久しぶりに山登りをした気分になりました。

 カタクリの名所、六万騎山のカタクリはどうか、足を延ばして見に行きました。弥彦山は、下は盛り、上はこれからだから、まだ咲いてはいないだろうと思って行きました。ところが、カタクリの花は盛りが過ぎ、枯れかかっています。昨年よりも20日以上も早いです。魚沼地方は雪も少なく、この暖かさで早々と咲いてしまったようです。

突き分けコース 平坦な急登
突き分けコース 平坦な急登


山頂は目前
山頂は目前


IMG_0958.jpg
鳴倉山山頂 奥は魚沼三山

明神コース 残雪の下山道
明神コース 残雪の下山道
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【米山(993m)】へ
  • 【三ノ峠山】へ