長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

丹沢山

 
 ←巻機山 →雷山(377.9m)
(山行日)2016年4月16〜17日
(メンバー)S単独
(コースタイム)
ヤツビ峠6:00-登山口(表尾根)6:25-烏尾山荘8:00-唐ノ岳(尊仏山荘)9:50/10:30-丹沢山11:25/13:00-尊仏山荘13:45(泊) 山荘発6:00-(大倉尾根)-大倉登山口8:30

 久しぶり関東の山である。丹沢は夜景、富士山、相模湾と遠景が楽しめる山である。天気図は本州中央は低気圧に挟まれて晴れの予想である。低気圧が爆弾低気圧に発達する不安はあった。金曜夕方に出発、途中車中泊でヤツビ峠の駐車場に5時過ぎ到着した。朝ごはんを済ませて出発する。期待した相模湾と富士山は雲に覆われていてかすかに輪郭が見える程度である。10時前に唐ノ岳の尊仏山荘に到着する。霧で風景はまったく期待できない。風が強いので山荘に入り受付をしようとしたら早いと言われ、お湯をもらいラーメンを食べながら長居する。少し霧が晴れてきたので丹沢山まで往復する。都会の山だけあって人は多い。唐ノ岳山頂は100名を優に超える(写真)。海外の人やトレールランの若者も多い。ほとんどが日帰り登山だが、小屋宿泊者が少ないかなと思ったら夕方に団体客も含めて結構人数になった。夕食後、夜景がきれいに見えた。函館、長崎とは異なる、まさに大都会の明かりである。山頂に立つ山荘は風をまともに受けて、風の鳴く音でよく眠れなかった。日本海を抜けた低気圧が北海道で発達したためである。朝6:00風雨に対応できる格好で下山始める。もっとも登山者が多い大倉尾根は道も広く良く整備されている。一方、人が多いためか一部で登山道の崩壊がひどい(写真)。8:30大倉尾根登山口に到着する。バスと電車を乗り継いでヤツビ峠まで戻る。これも都会に近い山だからこそのルートである。小屋宿泊者の最高齢はなんと85歳である。若い時に無謀にも十字峡から剣岳を登ったんだ! それは60年以上前、25歳のとき、、、、。これからも元気で山登りしてね、と心の中で思う。

IMG_1086.jpg

IMG_1085.jpg
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【巻機山】へ
  • 【雷山(377.9m)】へ