長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

宮之浦岳(鹿児島県屋久島)

 
 ←開聞岳 →韓国岳(からくにだけ)
(山行日) 2016 年 5 月 2 日~5 月 3 日(山小屋1泊)
(メンバー)S 他1名
(コースタイム)淀川登山口 6:40-花之江河 8:45-宮之浦岳 11:45-新高塚小屋 14:30(泊) 小屋発 5:20-縄文杉 630-大株歩道入口 9:15-雲水峡バス停(下山口)13:20
 鹿児島から高速船で屋久島へ向かう。素泊まり民宿は¥2800 と安いが布団が追加料 金¥100 とは驚きである。登山客が多い屋久島ならではのサービスなのだろ。GW は激込みなので 明日早朝 5:30 タクシー予約を再確認する。淀川登山口到着、周辺はレンタカーの駐車で一杯であ る。縄文杉へ直接行く荒川登山道は自家用車乗り入れ禁止だが、宮之浦へ行く登山道は乗り入れ 制限がない。2時間程で分岐点の花之江河へ出る。近くに黒味岳の奇形の岩を間近に望む。登山 道は砂地から岩に変わる。3時間程で宮之浦岳に到着する。霧が這い上がり残念ながら遠景は見 えない。見渡す限り深い森である。全く人工物が見えない。これも屋久島の大きな魅力である。 3時間程で新高塚小屋に到着する。宮之浦岳からの下山客と縄文杉からの登山客でごった返しで ある。木道に何十ものテントが設営されている。環境保護調査に来ている人にテント泊は良いの かと聞いたら、本当は駄目なんだけど小屋に収容できないので仕方ないと諦めているとのこと。 早朝早出して縄文杉へ向かう。推定樹齢7000年といわれているこの巨大杉は不思議な魔力を 感じる。柵で囲われているので触れることが出来ない。途中、大王杉、ウイルソン株(写真:株の 空洞から上部をみるとハート型に見える。最近の人気パワースポット)などの屋久杉を見ながら大 株歩道口に到着する。ここは荒川登山道から来たツアー客で休む場所もないほどの大混雑である。 GW 中は毎日1000人規模ということなので、この状況も納得する。ここからはトロッコ電車 廃線道で平坦な道が続く。途中、楠川分れで白谷雲水峡に入る。峠にある太鼓岩から眺める山頂 付近は絶景である。ここからも人工物は何も見えない(写真:太鼓岩から宮之浦岳を望む)。程な く下山口のバス停に到着。年間の半分は雨といわれる屋久島において、2日間まったく雨に遭わ なかったのは幸運と思う。翌日は、前線通過で大雨、波浪警報の中、高速船で鹿児島に戻り、次 の目的地、霧島(国韓岳:くにからだけ)に向かう。

宮浦岳ハート
ウイルソン株の空洞から上部をみるとハート型に見える

太鼓岩から宮之浦岳
太鼓岩から宮之浦岳
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【開聞岳】へ
  • 【韓国岳(からくにだけ)】へ