長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

苗場山(2145.3m)

 
 ←仙丈ヶ岳 →横尾(1620m)
(山行日)2016年8月15日
(メンバー)K 他3名
(コースタイム)
小赤沢コース3合目駐車場(7:23) → 4合目(7:46/52) → 5合目(8:16/22) → 6合目(8:57) → 7合目(9:07) → 8合目(9:32) → 和山コース分岐(9:55) → 9合目(9:59) → 赤倉山コース分岐(10:09/16) → 苗場山山頂(10:35/11:27)→ 6合目(12:22) → 駐車場(13:31)
 秋山郷に向かう途中、雨が降り出し中止も考えたが、登山口に着いたらまだ日が射していてもう少し天 気が持ちそうなので決行とする。予報が悪い為か広い駐車場も止まっている車は数台のみ。和田小屋か らのコースが人気か?登山道は整備され、1合おきに標識があり。樹林帯は暑く、湿気も多く、汗が噴き 出し、結構辛い。7合目を過ぎると岩場となり所々に鎖がでてくる。以前は、鎖は無かったような気がした が・・・。待望の湿原に飛び出すと、少しガスがかかり始め、周囲の山の展望無し。湿原はガスがかかると 雰囲気が良いし、下界とは違い爽やか。山頂で写真を撮り、湿原へ出て昼食とする。食べ終わる頃にな ると空が暗くなり雨が当たり出す。下山は雨具を着て下山開始。湿原が終わる頃になると雨も弱くなり、こ れから樹林帯に入るので雨具を脱ぐ。しばらく止んでいた雨も、6合目くらいから本降りとなる。あと少しな ので、雨具は着ずにそそまま下る。4合目を過ぎ、あと15分くらいかなって思っていた時、左足に違和感 が有り。見てみるとかかとのソールが剥がれていた。あと少しなのでそのまま下山。登山靴も買って10年 は過ぎていて、ここ数年で剥がれるだろうと頭にあり、手入れをする時は接合面を確認していた。剥がれ そうな予兆は見あたらなく、こんなに突然やってくるとは思っていなかった。トラブルはあったがなんとか無 事に登山口に到着。
 ソール剥がれは、かなり多く起きているトラブルであるが、まさか自分に起きるとは思っていなかった。年数の確認、保管などでトラブルが起きないようにしていきたい。

苗場山頂上
苗場山頂上

哀れなるかな
哀れなるかな

スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[1]   

~ Comment ~

なるほど、でした。 

苗場山、雨だったのですね。
それにしても悠然とされている様子。
さらに靴底が剥がれてしまう事態にも超然とされている様子。
さすがの山人かと。
長年の山行経験や普段からの環境適応力とでもいいましょうか、素晴らしいですね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【仙丈ヶ岳】へ
  • 【横尾(1620m)】へ