長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
会山行

大源太山

 
 ←笠ヶ岳 →額取山
(山行日)2016年10月15日(土)~16日(日)
(メンバー)会員4名
(コースタイム)
10/15 長岡南越路SIC15:30⇒湯沢IC⇒16:20大源太キャニオンキャンプ場(泊)
10/16 キャンプ場6:10⇒旭原登山口6:25→6:55分岐→9:20シシゴヤの頭9:35→10:25蓬峠分岐10:35→ 11:20 七ツ小屋山 12:00→13:10 大源太山 13:20→15:25 分岐→15:40 旭原登山口
Kさんが都合で参加できなくなり、寂しい出発となったが、好天が予想されるので決行に。Yさんに迎え に来てもらい、越路に向かい、原信で買い物をして一路キャンプ場へ。 日暮れは早く、テントを張ってYさんのゴザとコンパネ台で宴会場を作り終わる頃にはもう暗くなってし まった。受付の女性事務員がバイクで帰りがけに張り場所の確認に来ていった。キャンプ場は立派で良く 整備されている。夜になったが寒くはなく、酒も入って甘い玉ネギとナス・豚肉を炒めて旨味をもらい、 その後は鳥鍋で鋭気を養う。星空の中、酔いざましにライトを持ってキャンプ場内を探索する。8時頃就 寝。 翌朝4時半過ぎに起きる。朝発ったYさんが6時前に来る。私の思い込みで不参加と思われていたYさん もやや遅れて到着。4人(2台)で登山口に向かう。登山口の駐車場(20台近い)はもう満杯だそうで、 手前の道脇に止めて6時25分勇躍出発する。まずは杉林の中を歩き、一回河原を10m位渡渉した後、 本格的な登りに。越後のグランドキャニオンと言われる周囲の山の紅葉が、差し込み始めた朝日と共に少 しずつ目に入ってくる。稜線に出る前の樺林のラインが見事。でも辿り着いた途端の強風にビックリ。オ ヨヨと思うが風は止まず、笹原を思う存分渡っている。それでも陽が射して暖かく、紅葉も増して先頭の Y隊長の足どりは軽やかである。 10時25分蓬峠分岐に至る。万太郎、仙ノ倉、今度行く苗場も良く見える。行き交う山人も老若男女様々。 人気コースだなあと思う。強風の中を進み、11時20分七ツ小屋山頂上に到着。風を除けて直下の道脇 で昼食タイムとする。白毛門から谷川岳への馬蹄形登山のコースが一望できる訳で、Yさんは数年前にN さんと一緒に登った山行に思いを馳せて地図を拡げている。北に上越のマッターホルン大源太山の峻嶺が 見える。随分と降りていって、底部の鞍部より改めて見上げてマッターホルンに登るんだなと気を引き締 める。中程の岩場に来ると風もビュービュー。三点支持を着実に行いながら力を尽くして上に上がる。登 り切ったと思うとまだその上があり、息も切れて難儀であった。だから頂上に立てた時は皆大満足。 長い下りはやや収まった風の中を慎重に降りた。途中までは巻機をバックに山を下る紅葉の景色が美しく、 今夏から秋への雨天気の憂さを晴らす気持ちを味わった。駐車場に着いた時には車は一台のみ、道脇の車 も綺麗に居なくなっていて、諸国の車は帰りが早い(若者が増えたのだ)と感心した。 岩の湯(400円)で汗を流し、石内でソバを食べて解散。充実した山行(Yさん計測、約3万歩)を終え た。コース取りは今回の流れが良い。帰り道側のピストンはつまらないと思う。また、風雨の時は雨具が まくられるので止めた方が良いと皆思った。

シシゴヤの頭からの七ツ小屋山と大源太山
シシゴヤの頭からの七ツ小屋山と大源太山

七ツ小屋山を目指して
七ツ小屋山を目指して

大源太山の鋭峰
大源太山の鋭峰

大源太山北面の紅葉と遠方の巻機山
大源太山北面の紅葉と遠方の巻機山
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   会山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[1]   

~ Comment ~

NoTitle 

前日の鶏鍋美味しそう。紅葉が綺麗ですね
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【笠ヶ岳】へ
  • 【額取山】へ