長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

額取山

 
 ←大源太山 →那須岳
(山行日)2016年10月22日(土)
(メンバー)会員3名 他1名
(コースタイム)
   長岡6:00==(磐越道=猪苗代IⅭ)=御霊櫃峠登山口8:50 (196km)
   9:05  →  9:50  →  10:20~30  →  11:25
   登山口       黒岩山      大将旗山       額取山
   14:00 ← 13:10~30← 12:40~50 ← 11:50
   ====長岡20:00

・額取山(ひたいとりやま)は「福島県の中央部に位置する大展望の稜線」と言われる山(山渓の本)で、地元では「安積山」(あさかやま)と言い、出会った人もそう呼んでいた。

・猪苗代IⅭを下りて、猪苗代湖の脇を通り、曲がりくねった山道を登りきると、御霊櫃峠である。峠には立派なトイレもあり、広げた道路の駐車場には10台ほど駐車できる。展望が開け、色の鮮やかさは感じないが全山黄葉していて、気分爽快である。ヤマツツジが群生している。
・平らな浮石を敷き詰めた歩きにくい道を登るとピークがあり、眼の前に岩のある黒岩山や丸い大将旗山(たいしょうはた)があり、登る人も見える。いったん下って岩のごつごつしたロープの急登を登ると、黒岩山である。少し下って、きれいなブナの木立の中をハイキング気分で歩く。登りきると、稜線の最高峰・大将旗山(1056m)である。猪苗代湖や磐梯山・飯豊連峰・那須連山など絶景である。新潟寄りの南会津の山なみも広がるが特定は難しい。偶然出会った新津の人たちや地元の人たちと山座同定や山の呼称などの話が弾む。
(「他の1人」は体力的に無理なので、待機していることにした)
・ここから2km先の額取山を眺め、アップダウンを繰り返す稜線を歩く。ブナの林やカエデの林、ササ原を越えると、やがて眼前に額取山が構え、ごつごつの急登を10分ほどで登りきると360度見渡せる山頂である。
・山頂の標柱や縦走路の標識が立つ。この稜線が日本海と太平洋の分水嶺である説明もある。多くの人が眺め、カメラを構えている。磐梯山のとなりに吾妻連峰や安達太良山などが見えるが、太平洋側にある阿武隈山塊はかすんでいて見えない。
・しばし眺望を楽しんだ後、往路を引き返す。いくつのピークがあるのか、数えながら下山した。7~8個のピークを数えたが、なにより、これから行く先がはっきり見えることが明るい気分にしてくれる。
・人気の山なのだろう、たくさんの人たちと出会った。晴天に恵まれ、登るたびに汗ばむが涼しい風に癒され、常に稜線漫歩の気分とまではいかなかったが、いい山であった。

きれいなブナ林
きれいなブナの木立

大将旗山から望む(猪苗代湖・磐梯山・飯豊連峰)
大将旗山から望む(猪苗代湖・磐梯山・飯豊連峰)

大将旗山から額取山方面を望む
大将旗山から額取山方面を望む

額取山山頂は360度の大展望
額取山山頂は360度の大展望
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[1]   

~ Comment ~

NoTitle 

お天気で良かったですね。展望が良くて登ってみたいです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【大源太山】へ
  • 【那須岳】へ