長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

5月2,3日 東京都最高峰 雲取山へ!

 
 ←4月29日、東山市民ハイキング! →5月会山行、守門岳 日程変更のお知らせ
個人山行 雲取山(2017m) 5月2日、3日 (1泊2日)

コースタイム 

1日目、〔鴨沢ルート〕小袖林道(小袖登山口先)8:27~9:27堂所9:35~10:55七ツ石山(お昼)~11:30迄
奥多摩小屋12:20~13:02雲取山避難小屋~13:10山頂(休憩)13:30~13:50雲取山荘(チェックイン)

2日目、〔三峰ルート〕雲取山荘3:50~4:10雲取山山頂4:50~5:10雲取山荘(朝食)~5:55山荘~大ダワ6:10~芋ノ木ドッケ7:00~7:30白岩小屋~8:10お清平~8:30霧藻ケ峰~9:40妙法ケ岳(山開き祭参加)10:50~三峰神社登山口11:20~三峰神社散策、お土産屋にて昼食タイム
 

旅費・交通費、高速バス行き3000円、帰り3690円、行きJR1050、車1000円、帰りバス900円、西武JR710円)
       山荘宿泊 素泊4500円
参加者 中村

ゴールデンウィークの2日、3日を利用して、1泊2日で東京都の最高峰雲取山(2017m)へ南北縦走してきました。行きは、JR奥多摩駅から、鴨沢行きのバスの予定が連絡が悪く駅前をうろうろしていると、「雲取ですか?乗せていきますよ!」と声を掛けていただきチップで運良く、小袖林道登山口まで乗せていただきました。バスの待ち合わせの1時間と登山口迄の約30分のロスがなくなったおかげでゆったりのんびり雲取山頂まで行けました。天候はすこぶる良かったのですが、この時期特有なんでしょうか、黄砂がひどく山並みが霞んでしまってせっかくの霊峰富士も山頂では望めませんでした。りっぱなログハウス調の雲取山荘では、10畳間に4名と豆炭のコタツを真ん中にして、初めての同室の3名とも山談義などして、ゆったりと過ごす事ができて最高でした。(当初はシェラフで避難小屋に泊ろうとしていたので。。。)3日は満室状態でこの部屋も10名泊られるということでいたので、ほんとラッキーでした。翌日は、夜が明ける4時前からご来光と再度富士を望もうと山頂へ挑戦しましたが、残念ながら文字どおり雲取り山でした。山荘へ戻って朝食を済ませ、気を取り直して三峰神社ルートで下山です。雲取山、白岩山、妙法ケ岳の三山を総じて三峰山と呼んでおり、せっかくの機会時間もあるので、妙法ケ岳も踏んで三山踏破としました。妙法ケ岳山頂が、三峰山の奥之宮ということで、丁度この日3日に山開きの神事が執り行われ、今年1年の無事安全登山できることを願い、有難く拝礼致しました。帰路は、西武秩父駅までバスで行き、東飯能でJR八高線に乗換えで的場下車、高速バスの川越的場バス停から長岡へ無事戻ってきました。さすがにゴールデンウィークで高速バスも道中の渋滞で40分ほど遅れましたが、なんとこの日藤岡ジャンクションから下りは最長78km渋滞したということで、時間的にこの影響もほとんどなかったことが幸いでした!充実した山旅が出来ましたよ!

雲取山山頂(2017m)

寒くもなく暑くもなく最高な天候に恵まれました!富士が見えなかったのが残念!

山頂からの朝焼け

山頂からの朝焼け

立派な雲取山荘

立派な雲取山荘

かすかに見える霊峰富士

七ツ石小屋からの眺め

山開き

妙法ケ岳1329m(三峰奥ノ宮)にて山開き祭

原三角点

原三角点 一等三角点よりも以前、明治時代に設置された原三角点が現存している。
いまや日本で3カ所しか残っていないお宝である。他2箇所(米山、白髪岩)知らなかった!?

スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【4月29日、東山市民ハイキング!】へ
  • 【5月会山行、守門岳 日程変更のお知らせ】へ