長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

下の廊下

 
 ←燕岳 →五頭連峰(県連盟交流登山)
(山行日)2016年10月22日〜24日
(メンバー)会員3名
(コースタイム)
10/22(土) 長岡 ICP7:45=西山 ICP8:20=西山 IC~糸魚川 IC9:35=糸魚川駅 9:40 電車 10:28 くもり 信濃大町 13:05 バス 13:15=扇沢駅 13:45 トロリーバス 14:00=14:15 黒四ダムー14:20 展望台-15:50 ロッジくろよん 泊まり
10/23(日)4:00(起床)4:40-ダム 5:15-ダム下 5:40(6:05)-内蔵助谷出会 7:00-鳴沢 7:55 くもり ―新越沢 8:25―別山沢出会 9:10-白竜峡 10:00―十字峡 11:20-昼食 11:40(11:50)―S字峡 12:30―12:50 黒四送電線前 13:5―東谷吊橋 13:30―仙人ダム 13:45-阿曽原温泉 15:30 テント泊
10/24(月)温泉 5:30-7:40 折尾ノ大滝 7:50―大太鼓展望台 9:10-志合谷トンネルー11:25 鉄塔 11: 晴れ 35-13:15 欅平、トロッコ電車 13:30=14:35 宇奈月 16:00=新黒部 16:20(16:45 新幹線)
=17:00 糸魚川駅 17:15=糸魚川 IC=長岡 ICP19:00
 天気で紅葉も良かったが・・・・・
22 日 糸魚川駅に車を駐車、大糸線で大町へ、バスで扇沢、トロリーバスで黒四ダムへ。 展望台より立山の絵の説明どおりに本物も見えて紅葉真っ盛り、雄山、大汝山、富士ノ折立、ダムの 上流に赤牛岳、下流の黒部別山南峰、明日の行くところを確認する。ダム上流の宿ロッジくろよんに宿泊。山小屋風でなく、民宿の作り、お風呂もある。朝食は早いので弁当を作ってもらう。
23 日 宿出てダムの上に行き下流のダム下まで降りる。ダムの放流は観光客の多いときのようです。すこ し明るくなってから、ダムを見上げ、足元が確認できるようになり出発。紅葉がきれいなので、いっぱ い写真を撮ってしまう。歩きながら写真は撮れない。止まってケースに入れてから出発。ゆっくり見れ ないのが残念だ。岩があると灰色と紅葉が一段と鮮やか。歩行は左手で脇についている針金を触りながら、確保して歩きます。ダムの保守、点検のために作られて、一般者も利用させてもらっています。 危ないところは、丸太が組んであります。半端な数で無いので、点検に力を注いでもらって通らせても らいありがたいです。白竜峡・十字峡と素晴らしい。十字峡の吊橋は下があいていて(板が 2 枚敷いて あるだけ)絶壁の上から辺りを見る余裕はない。通るのがやっと。めずらしいことがいっぱいある。山の中から電線が出ている不思議。黒四発電所が地下にあるため、 電線が通っている。ずっと山中に鉄塔がある。仙人ダムの建物の中を通り利用させてもらっていること。 山の中にでっかい宿舎もありたまげる。工事の基地かな、地図を見ると欅平からトンネル鉄道になって いる。黒四発電所につながっている。考えられない。大工事をあらためて知る。
阿曽原温泉に何とかたどり着く。予約とれずテント泊。テント場、宿もツアー客で大勢。露天風呂あ り入りに行く。テント場から10分下る。膝が痛くなり、早く下れない。(登りは痛くない)時間で男 女交代で入る決まり。入れる時間は10分無い。時間ぎりぎりまで頑張ってあったまる。この辺は隋道 を掘ると熱水が出て、犠牲者が出、暑くて水をかけながらの作業だったと風呂に入った方がいっておられた。翌朝すこし明るくなって出発、もう危険なところは無いかなと思ったが、前日と同じだった。沢の 裏側に隋道を作り迂回路のところもあり、最後まで緊張の連続だった。紅葉はずっと続き楽しませても らう。膝が痛くなり全部荷物を持ってもらい。迷惑をおかけしました。長い時間の歩きはできないと知 らされた。このコース行く方がありましたら、車のサポートします。ぜひ連絡ください。

ダムより立山方面

ダム上流

下の廊下十字峡
下の廊下十字峡
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[3]   

~ Comment ~

お疲れ様でした 

 簡単にはいけない所ですね。お疲れ様でした。
 紅葉は真っ盛りで、十字峡の水の色は目の覚めるような水色で
癒されたのではありませんか。

いいですね、憧れの秘境! 

山中の施設やダムのことは流石は日本のゼネコン、関電との強大さを思い知らせるようです。この地は、季刊「山の本」で記事と写真を見ていたので憧れの地です。身近な人たちが行ったということで、親近感が湧いてきました。いつか、ぜひ訪れたいものです。そして、建設当時に山の案内や工事に携わったたくさんの労働者の感慨などを想像してみたいです。

 

いいなぁ〜いつか行ってみたいです。
その時は是非サポートよろしくお願いします^o^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【燕岳】へ
  • 【五頭連峰(県連盟交流登山)】へ