長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
会山行

笠丸山 (1189,1m)

 
 ←五頭連峰(県連盟交流登山) →長岡労山 11月号

(山行日)2016年11月6日(日)

(メンバー)会員15名

(コースタイム)

11 月 6 日(日)
長岡 ICP5:08 ⇨ 下仁田 IC − 笠丸山登山道入口 P9:18 ↔ 出発 9:30 ... 地蔵峠 10:30 ...
山頂 11:05 ↔ 11:35(下山開始) ... 登山道入口 P13:00↔13:30 − 入浴 − 下仁田IÇ ⇨ 長岡 19:15

上野村住居附 登山口周回
 上野村住居附地区に入る。土砂崩れの為遠回りをしたくねくね曲がる林道は、鋭い形の落石が道路に点在
し、車体に激しく当たり衝撃が体にも伝わる。
 山の登り始めは穏やかで、真っ直ぐ伸びた木々と横を流れる沢で広大な山容を形成している。所々巨大な 岩があり、山頂直下の厳しさが想像された。高度が上がるにつれ紅葉が見事で、時折足を止めて見入る。所 により 25 cm程の登山道は、踏み外すと谷に滑落しそうな為、慎重に歩く。地蔵峠からは風もかなり出てく る。ストックをしまい大きな岩場を 3 点確保でしっかり登る。とにかく根やロープを伝い少し迷ったけど 3 等 3 角点笠丸山頂上に着く。狭めではあるものの 360 度展望が良く、秋の晴れ間のひとときを早めの昼食を 取りながら過ごす。1 時間半程でこんなにもロープや岩登りを堪能した山はそうない。
 下山は周回が予定されていて、10 分程下ると東峰でそこには祠があり、その傍に壊れて外れていた笠丸山 山頂と記してあるブリキのプレートがあった。口々にそこが山頂と言うのに納得がいかず、山頂では風が強 いから祠とブリキのプレートを移したのではと誰かが想像して言った。10m程下るも、その先道が繋がらず 戻り、祠の右手下に下山道を目にする。次第に進むと急坂になりロープが延々とかかっていて、一気に高度 を下げた。どこまでも続く険しい急坂に、ハイキングコースにしては難易度が高い山と言える。杉林が終点 間近を知らせてくれ、車道に出てからは 5 分程で駐車場に着く。途中簡易トイレがあり、水も出るしペーパ ーもあるし何よりも掃除がいきとどいて綺麗で、上野村の取り組みの高さに感心する。
 帰路にたった時、Iさんの車が1つパンクしているのが分かり、素早く工具を持ち寄り男性達が手を貸し てスペアを取り付けた。入浴場所のやまびこ荘の周辺の紅葉も素晴らしく、小さめながらも露店風呂は風情 があり秋の1日の締めくくりをそこで満喫した。帰る途中、修理屋さんでスペアタイヤの配置交換をしても らい、無事帰る事が出来た。

登り 1時間 35 分 下り 1時間 25 分

紅葉を踏みしめながら登る
紅葉を踏みしめながら登る

眺め
山頂から両神山を眺める

頂上
笠丸山の岩峰

笠丸山山頂
祠のある東峰
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   会山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[2]   

~ Comment ~

いやぁ、ばぁが、いがったこと。 

お書きいただいた文を読んで初めて、ああそうか、こんなに短時間でもきつい斜度や足場に注意しなければいけない痩せ尾根歩き、上からは名だたる両神山を眺め、目の前には暖かみのある黄色や橙の紅葉の山々。風も穏やかな小春日和の山行でした。帰りの温泉でも露天で鮮やかな紅葉を眺めながらぬる湯に真底温もりました。久しぶりの天候の良さが印象に残りました。

 

紅葉が最高でした。
K様素敵な山を教えて下さってありがとうございます。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【五頭連峰(県連盟交流登山)】へ
  • 【長岡労山 11月号】へ