長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
イベント

舞子高原スキー場

 
 ←二ツ岳(1343m) →イエローフォール
(開催日)2017年2月4日〜5日

谷川連峰に向かって滑る
 長岡南越路スマートインター駐車場を予定の7時に出発、途中トイレ休憩をはさみ、迷うことなく舞子の「ロッジはやし」に8時近くに到着した。みなさん気がはやるのか、早々に支度をしてゲレンデへ向かう。
 チケット売り場は窓口が一つしかなく、土曜日ということもあるのか、行列ができている。シルバー割引のリフト券を手に入れ、リフトに乗車、二本乗り継いで、昼食場所のレストランを確認し、さらに長峰コースに向かうために、いったん滑って、リフトに乗る。スキーの手入れが悪いために、錆が雪に引っかかって、なんともぎくしゃくした滑りだ。
 長峰コースへは、連絡リフトに乗り、さらにゴンドラを乗り継いで、飯士山を前方に仰ぐピークへ。飯士のルートはどの尾根をたどるのだろうかと眺めるが、どの尾根も急峻で、どんな風にルートがついているのだろうか気にかかる。
 Iさんを先頭に、ここから一気に滑り降りる。雪質は上々で技術を大いにカバーしてくれる。最上部のリフトを使って3本ほど気持ちよく滑るが、いささか息もあがりはやばやと休憩。ワインの人、コーヒーの人、私はメキシコビールを飲む。
天気は予想以上によくなり、頂上付近にかかっていた雲が上がり、巻機の山なみも谷川の山々も青空の下に、そのスカイラインをすっきり浮かびあがらせている。谷川連峰は急峻な山容のためか、頂上部のみが白いが、巻機は北に位置しているからか、あるいはたおやかな山容だからか、たっぷりと雪を抱えて、まさに雪山。昼食のため、山頂部からロングラン。
 午後はまた谷川連峰を見るために、長峰コースを滑り、最後は舞子に戻り、チャンピオンコースを滑る。
宿に戻り、入浴、そして風呂上がりのエビスビール、なんとうまいことか。夕食もごちそうが並び、おかげで鶴齢一本がすいすいのどを通った。圧巻は部屋に戻ってからのお座スキー。持ち込みのワイン3本、日本酒1本を飲みながら、会のこと山行のこと、健康談義、さらには家族の話など、話題に事欠くことなく花が咲いた。
 翌日は、Sさんを迎え全員集合。午前は長峰コースで滑る。天気は曇りで、残念ながら山々は顔を隠しているが、ゲレンデの雪は優しく、心地よく風を感じて滑る。昼食は昨日と同じ場所でとり、記念写真を撮り、その後は舞子コース。3時ころまで滑る予定だったが、雨がぽつりときたので1時半ころには下山。
 2時過ぎに宿を出て帰路に就く。小出を過ぎるころには雨脚がつよくなった。早めに切り上げてよかった。
とにかく天気に恵まれたスキー行であった。

飯士山と手前に広がるゲレンデ
飯士山と手前に広がるゲレンデ

輝く上越国境の山々(茂倉、万太郎、仙ノ倉方面)
輝く上越国境の山々(茂倉、万太郎、仙ノ倉方面)

七ツ小屋山、大源太山、朝日岳方面を望む
七ツ小屋山、大源太山、朝日岳方面を望む

真っ白な巻機山
真っ白な巻機山
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   イベント
*Edit ▽TB[0]▽CO[1]   

~ Comment ~

舞子、素晴らしい 

 Kさん、有り難う御座いました。谷川連峰の山々も青空に映えて素晴らしい。宿も良かったが、来年も幅広く長いコースが続き、雪質も極上だった舞子スノーリゾートに来ても良いと思いました。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【二ツ岳(1343m)】へ
  • 【イエローフォール】へ