長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

イエローフォール

 
 ←舞子高原スキー場 →風谷山(521m)
(山行日)2017年2月10日〜11日
(メンバー)会員 4名 他2名
(コースタイム)
2/10(金)長岡 IC16:20=猪苗代磐梯高原 IC=宿 20:00(素泊まり)
2/11(土)宿 8:00=裏磐梯スキー場 8:30・リフトに乗り場 9:00~出発リフト終点 9:30―
銅沼(あかぬま)―イエロ-フォール 11:00(11:15)-リフト終点 12:15 ―リフト 乗り場 12:30(13:00 S組と解散)=喜多方周りで帰宅 19:00

これから大きくなるイエローフォールだった
 雪は宿を出発するとき30cm くらいの積雪、乾いたさらさらの雪で、非常に寒い。 降りも、もくもくで長岡の大雪のときの降りようみたいでした。予報ではこっちの方は 降らないと思っていたのだが全然違っていた。スキー場でも同じだった、リフト乗らない で歩くつもりでしたが、吹雪いて前が見えなくなったりしたので、思案の結果リフトに 乗っていくことにしました。リフト終点は50cm くらいの積雪。前に行った方の跡があり 着いてゆく。途中銅沼の看板があり、沼の中を通り(水で通った跡がしみでていた) 少し行って先頭に追いつく。こんどは独自に判断でこざいてゆく。イエローフォールかな と見えるところで(最初は吹雪ではっきり分からなかった)思案しているうちに最初の方たちは別の沢の奥に行ったので、それについていったが戻ってきたので戻り、最初のうっすら見えるところにこざいて一番乗りをする。雪で隠れて小さく見えた。氷のできる条件は暖かく寒いのが交互に無いと、寒いばかりでは大きくならないので、これから大きくなるの かなと思いながら下山。磐梯山が見えるかと思ったが、雪は降りっぱなしでずっとやみ無 く降っていた。 雪質は最高の乾いた雪。スキーもいいなあと思う。

※イエローフォール:磐梯山の厳寒期にしか現れない氷瀑。地中の硫黄分や鉄分がしみ出して黄金に輝く。

イエロー
イエローウオール
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【舞子高原スキー場】へ
  • 【風谷山(521m)】へ