長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

日和田山と田部井淳子について

 
 ←日和田山 →大岳(守門)(1,432m)
 登山家の田部井淳子さんが、2016年10月20日に亡くなりました。77歳でした。田部井さんの本を図書館から数冊借りて読みました。その前向きな考え方、生き方、行動力にすっかり感動しました。病気を時系列でみると、
  2007年 乳癌 
  2012年 腹膜癌ステージⅢc 余命3か月と言われる。抗癌治療繰り返す。
      (2013年3月12日 長岡で講演。つまり癌になって1年目でしたが、あの元気な話に誰も癌患者だとは思い ませんでした。でも本人は、講演を頼まれた時、階段の登り下り、お辞儀のふらつきは山よりつらいと書いてありまし  た。)
  2014年 脳に癌(脳腫瘍) つまり3回目の癌
  2016年8月 福島の高校生の富士山登山(今後は息子が続けるそうです)
  2016年10月20日 死亡
   (10月14日 話ができないので夫、政伸さんに「・・・お父さんのやさしい顔がうれしいよ」のメモ
    10月15日 「みなさん本当にありがとう、百万遍もありがとう。田部井淳子」のメモ)
 実は、最後の時系列は、亡くなられて2か月後の2016年12月発行の「再発!それでも私は山に登る」に政伸さんが書いています。癌であることは、家族3人(夫、息子、娘)と他2人の5人以外には知らせなかったのです。そして、世界各国の最高峰を登り続けたのです。なかなか借りられないので、本屋で立ち読みしました。
日和田山は病院からも見え、自宅のある川越市からも近く、リハビリコースの山でよく2人で歩いたそうです。
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【日和田山】へ
  • 【大岳(守門)(1,432m)】へ