長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

袴腰山

 
 ←守門大岳(1432.4m) →独鈷山(上田市1266m)
(山行日)2017年5月30日(火)
(メンバー)会員1名
(コースタイム)
9:50八木鼻P~10:10西明寺分岐~10:50三角山~11:10見返りの丘~11:30袴腰山~12:25高城城址~途中ヒメサユリ群生手前で昼食~13:10長禅寺P~14:00八木鼻P

 既に2週間程、腰や左大腿部に違和感がある。何気なくやった作業が間違った動き、無理があったとしか考えられない。絶対信頼の鍼灸師もとっくに御無沙汰であり、使って何とか折り合いをつけるしかない。自転車に乗ったりジョギングしたりすると腰痛は治まった。あとは、大腿部の違和感。しかし、再び、普段と同じに作業したら、腰痛が。そんなことで守門山開きは直前に不参加、ご迷惑をおかけした。
山に登れないのであれば仕方ない。できるかどうか、またまた、自転車、ジョギングでからだに問いかける。やはり、いい。では、町内行事で行けなかった袴腰山に行ってみよう。
この日は、最高気温が28℃の予想が出たので、汗は流しっぱなしで行けと決めてタイツに短パン、Tシャツ、バンダナ、水1L、スポーツ飲料1L、コンビニ稲荷、おにぎり二個。駐車場から縄文式公園の芝刈りを眺め、同様に駐車場周辺の側溝ゴミ揚げ、草払いの地元のおばちゃん、おじちゃんとあいさつを交わし見送られて出発。
随分久しぶりの1人だけあって珍しい野鳥の囀りにうっとりしながら歩く。
時々、地図とGPSで経路を振り返り眼下の景色を確認する。地図の現在地に納得できるというだけの力量は恥ずかしながらまだまだでした。
袴腰山は樹木の枝葉が茂り眼下の眺望は残念。しかし、道中はどこでも五十嵐川の美しい流れの煌めきは随時得ることが出来るから。
山中でヒメサユリはもちろんだが、初めてウツギに白い花があるのを見た気がして印象深い。
また、八木鼻へ帰る五十嵐川右岸では、カジカガエルと思しき快い響きが嬉しかった。県内で初めて聴いたものだから。さらには、土手の桜樹は見事なのは県内の用水の土手にお馴染み。そして、沿道に赤紫やらの花がずっとさりげなく植えてあったことでした。昔からのゴミ捨て注意の看板と不釣り合いながら、地元の方々の暮らしに侵入させていただいているのだと思いながらもとてもいい気持ちで歩くことが出来ました。

色が美しいかなへびさん
色が美しいとかげさん

白い花はウツギでしょうか
白い花はウツギでしょうか。

スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【守門大岳(1432.4m)】へ
  • 【独鈷山(上田市1266m)】へ