長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

蓬峠・茂倉岳

 
 ←日本国(555m) →観鋸台清掃登山
(山行日)2017年6月5日(月)~6日(火)
(メンバー)会員1名 他2名
(コースタイム)
2017年6月5日~6日
6/5 長岡7:47=8:45六日町=9:30茂倉岳登山口駐車場9:55…10:30林道終点10:40…11:20東俣沢出合11:37…12:08中の休み場12:35…13:10茶入沢…13:45水場…14:15ヒュッテ
6/6 蓬峠ヒュッテ6:00…7:03武能岳…7:45笹平…9:10茂倉岳9:32…9:40避難小屋9:50…10:35矢場の頭10:50…12:40登山口12:50=13:45六日町15:35=16:31長岡

谷川連峰の大展望
 日差しは強いが風がさわやかな蓬沢を登る。タニウツギが満開だ。林道終点に「黒金沢出合のの標柱が立っているが、出合らしき景色ではない。40分ほどで東俣沢出合。水量が豊富で渡渉が難しい。ロープが2か所に張ってある。石も滑りやすく、足を置く位置に苦労するが、なんとか渡渉する。
尾根筋を登り、中の休み場で昼食休憩。窪地に雪が残っている。茶入沢の手前から雪渓が出てくる。茶入沢はたっぷりの雪渓。しっかりステップを切りながら油断せずに登る。雪が比較的柔らかく、ステップが切りやすいが、下りは斜度がきつく難渋する。茶入沢を越えると雪上を歩くことが多くなるが、テープが張ってあるので安心だ。
水場では水が豊富に出ている。小屋の空ペットボトルがあるので、それにも水を入れる。ズシリと重くなる。20分で蓬峠。朝日、白毛門が大きく目に飛び込んでくる。小屋に入って、ビールで乾杯。ヒュッテの予約は我々だけだったが、あとで2人来る。
労山会員証を提示すると500円引き。
日没をそばのピークまで登ってみる。苗場の右に沈んでいく。米山のシルエットも美しい。雲一つなく、巻機からぐるりと360度の大展望だ。
夕食はレトルトカレーだが、うまい。小屋番は高波吾策氏の5男とか。持参のワイン、ウイスキー、日本酒、焼酎を飲みながら、いろいろ談笑する。
翌日は4時半起床。ジャンクションピークの左から朝日が昇ってくる。6時出発。快晴だ。40分ほど歩いて1700mのピーク、茂倉、万太郎が眼前に大きく広がった。シラネアオイが固まって何か所にも咲いている。鶯がなく。静かな朝だ。
7:03武能岳。風がややあり、肌寒い。万太郎の稜線、向こうから雲が流れてくる。滝雲と言ったかな…?シャクナゲもたびたび目にする。やはりこの界隈は、シラネアオイとシャクナゲだ。
8時ころ急登にかかり、1時間ほどで茂倉岳山頂。谷川連峰の大展望を満喫する。さらに遠くの山々・・・。笹平から見た武能は大きく立派に見えたが、ここから見る武能はかわいそうだ。
大展望を十分堪能し、下山にかかる。避難小屋の周辺はまだたっぷり雪がある。フキノトウが出ている。矢場の頭から1時間でブナ林に入るが蝉の合唱、まるで夏山だ。
六日町駅近くのふろに入り、駅前で生ビールでのどを潤す。天気に恵まれたいい山行だった。

蓬峠・茂倉岳01

蓬峠・茂倉岳02

スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【日本国(555m)】へ
  • 【観鋸台清掃登山】へ