長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
会山行

乗鞍岳(3026m)

 
 ←ヤマユリの一家 →天を衝く岩峰…空木岳
(山行日)2017年7月22日(土)~23日(日)
(メンバー)会員15名 他17名
(コースタイム)
*7/22 長岡駅東口12:55=13:15長岡ICP=16:30松本IC=平湯IC=18:00平湯プリンスホテル(泊)
*7/23 平湯プリンスホテル7:30-8:30畳平8:55-9:35肩の小屋9:55-10:55頂上小屋11:00-11:10乗鞍岳11:15-11:20頂上小屋-12:05肩の小屋12:30-13:20畳平13:30=14:20平湯プリンスホテル(入浴)15:15=平湯バスターミナル15:30=平湯IC=16:45松本IC=19:55長岡ICP=20:20長岡駅東口

 32人を乗せたバスは長岡を定刻に出発し、ほぼ1時間毎に休憩を取りながら平湯を目指す。バスの中では山の歌を歌い、飲んでいる人も。平湯のホテルには30分遅れの18時に到着。早速温泉に入り、19時から21時まで夕食となった。カラオケあり、ダンスも飛び出し大いに盛り上がった。
 翌日、雨は降っていないが山の上はガスっている。ホテルで雨具を着てバスに乗り込む。いろは坂の様な所をバスは登り続けるが、登るにつれ視界は狭まり20m位で運転が怖いのではと思うほど。畳平に到着も周囲は何も見えず。肩の小屋までは車の通れる幅広い道を歩く。道路脇には雪渓が見え、富士見岳の斜面にはコマクサが続いていた。40分ほどで肩の小屋に到着。ここで待っていることもできるので、頂上まで行くか否か聞いたところ、全員が登るとのこと。皆元気いっぱい。小屋からは岩のごろつく登山道となり、1時間で頂上小屋に到着。体調悪い人が1名でたので、付添い1名と共にここで待つことに。他は山頂に向かう。山頂は直ぐだった。写真だけ撮って(雨ガスの中なので写りが悪い)直ぐ下山する。
 頂上小屋からは全員揃って下山。下りで、靴底が剥がれた、膝が痛くなった、ストックが少し縮んだ、などちょっとしたことがあったが、雨の中を歩き続け畳平に下った。途中からお花畑のある方を経由したが、立ち止まると寒さを感じるので、じっくり花を観察していることも出来なかった。“クマに注意”の看板が何ヶ所かに。岩山にクマか?と思ったが、何年か前に畳平バスターミナルでクマが大暴れし、多くの人が重軽傷を負った出来事があり、クマの生息地であることを思い出した。
バスの中は暖かかった。バスの中を暖めておいてもらえる様、直前に連絡が入っていた様だ。ホテルに戻り、熱めの温泉に入ってホッとする。その後、ホテル近くの平湯バスターミナルで買い物をしてから長岡に向かった。
 雨風に遭い、登っただけという乗鞍岳になった。初めて乗鞍岳に登るという人が多かっただけに少し残念だったが、救いは花の時季に重なったこと。コマクサに始まり、コイワカガミ、イワツメグサ、アオノツガザクラ、ハクサンイチゲとキバナシャクナゲの群生など。帰りのバスの中で配布された“乗鞍で見られる高山植物”の中で、10種類ほどの花は見ることができた。
晴れた日にもう一度登ってみたいと思った乗鞍岳登山でした。
風に揺れるコマクサ
風に揺れるコマクサ

視界利かない山頂小屋前
視界利かない山頂小屋前

ハクサンイチゲの群落
ハクサンイチゲの群落

スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   会山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ヤマユリの一家】へ
  • 【天を衝く岩峰…空木岳】へ