長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
会山行

北ノ俣岳・黒部五郎岳・鷲羽岳・水晶岳

 
 ←米子大瀑布(1480m) →黒姫山(2053m)
(山行日)2017年8月24日(木)~27日(日)
(メンバー)会員9名
(コースタイム)
8/24 長岡ICP6:00⇒立山ICP8:30⇒折立9:50~10:20→三角点12:25~12:45→第一ベンチ13:35~13:50→太郎平小屋15:30
8/25 太郎平小屋5:15→北ノ俣岳7:15→黒部五郎岳(カールルート)11:15→黒部五郎小屋13:30→分岐15:30→三俣山荘16:50
8/26 三俣山荘7:15→鷲羽岳8:55~9:05→ワリモ北分岐10:05
(水晶岳へ向かうパーティー)→水晶小屋11:05~11:25→水晶岳12:05~12:20→水晶小屋13:00~13:25→ワリモ北分岐14:00~14:10→祖父岳15:15~15:20→分岐15:40→雲ノ平山荘16:40
8/27 雲ノ平山荘5:00→薬師沢小屋8:30~8:50→太郎平小屋11:45~12:05→三角点13:55~14:05→折立15:35~16:00⇒吉峰温泉17:00~17:55⇒立山ICP18:10⇒長岡ICP21:00

24日 天気予報は雨。もしもを考え、レインウェアーを新調した。使うことがないよう晴天を望んで長岡インターに到着。折立まで順調に行き、いよいよ登山開始となった。樹林帯の急登を登り、展望の良い所に出ると、有峰湖が一望できた。天気も思ったほど悪くなく、レインウェアーも使わず済んだ。木道が続き、ガレ場が歩きにくかったが、太郎平小屋に到着した時ほっとし、あと三日間どんな景色がみられるかワクワクしていた。夕食はハンバーグだった。
25日 雨音と風で目が覚めた。天気予報は雨。レインウェアーを装着し出発。辺りは霧で見えず。ひたすら前に進んだ。北ノ俣岳に近づくにつれ雨風が強くなる。歩くのもやっとだったが、山頂に到着した。ダイヤモンドコースということだが、お天気ならば景色がいいのだろう。
黒部五郎岳の山頂は踏まず、カールルートから黒部五郎小屋を目指す。2時間という看板を見て滅入った。やはり悪天候は気力体力を奪う。登山道は雨で所々小川と化し、靴はびしょびしょ。2~3回渡渉した。黒部五郎小屋に到着し、気持ちをあらたに三俣山荘をめざした。
山荘までは急な登りで何度も挫けそうになっていた。キャンプ場が見えた時にはもうすぐか!と思ったが、なかなか着かず、山荘の屋根が見えた時はクタクタだった。山荘の夕食は鹿のシチューだった。南アルプスの鹿とのこと。ジビエ料理ははじめてだったので感動した。
26日 朝は富山市に大雨洪水警報が出ていた。今日の工程は余裕があるため様子をみて7時過ぎに出発した。鷲羽岳を正面にみて本当に綺麗な山だと思った。ワリモ北分岐で雲ノ平山荘に向かう班と水晶岳に向かう班に別れた。体力に自身がなかったが、せっかくの機会だったのでチャレンジすることにした。水晶小屋に向かう間、朝の雨はウソのように晴れてきた。水晶小屋から山頂は岩場だった。途中下山する人に「頑張って、山頂ではいいものが見れますよ」と声をかけられ、展望に期待しワクワクしながら登った。山頂では期待以上の展望だった。
祖父岳を越え、雲ノ平山荘に向かう分岐では今まで登って来た水晶岳がよく見えた。改めてこの山行に参加してよかったと実感した。
雲ノ平山荘では夕食が石狩鍋だった。あとで調べると、この夕食は有名らしい。お腹いっぱい鍋を堪能した。
27日 いよいよ最終日。明け方の木道は霜が降りて滑りやすくなっていた。アラスカ庭園を過ぎ薬師沢に向かう。急坂を下り薬師沢小屋に到着。とても景色のいい場所だった。
初日の太郎平小屋に到着し、4日間の山行を思い出してみた。悪天候の中の山行や、チャレンジする大切さ、備えの重要性など色々学ばせてもらった。またなかなか来ることのできない山行に同行させて頂いた。自信と達成感を味わった山行となった。

〈追記〉
●太郎平小屋では石井スポーツのポイントカードを提示すると500円引きだった。持っていけばよかったと後悔。
●靴底が剥がれた事例があった。結束バンドと医療用テープで応急措置を行った。また、転倒による負傷があった。会の救急セットを使用し応急措置を行った。緊急の事態を回避することは大切である。それに関して意見等あると思うが、まず緊急事態に対処する備えの万全さに素晴らしいと思った。また、負傷等にみなさんが他人事とは思わず協力して対処していた。自分の身にも起きうることなのでこういった場面も想定して学んで行きたいと思う。

黒部五郎岳のカールを下る
黒部五郎岳のカールを下る

三俣山荘付近からの鷲羽岳
三俣山荘付近からの鷲羽岳

水晶岳からの赤牛岳(正面)と右遠方の立山(立山の左奥は剱)
水晶岳からの赤牛岳(正面)と右遠方の立山(立山の左奥は剱)

スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   会山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【米子大瀑布(1480m)】へ
  • 【黒姫山(2053m)】へ